ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

恋愛のアドバイスもしてくれる!未来の「コンタクトレンズ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「VRメガネ」をつけてゲームや動画を楽しむ人が増えました。ここで紹介する動画作品は、VRメガネがレンズ型へと進化した未来を描いたSF作品。最後に待っている驚きの展開にも注目です。

ゲームから恋のアドバイスまで
「スマートレンズ」の未来

自宅でうつ伏せになり、何やらもがくように動いているこの男性が主人公。

実は彼、ゲームを楽しんでいる真っ最中。実際には空を飛んでいるかのような体験をしているところです。


男性の目に装着されているのは特殊なレンズ。VRメガネが進化した未来のデバイスのようです。

冷蔵庫の中身のステータスもバッチリ。

アプリを起動すれば、料理レクチャーもゲームのように楽しめます。

料理が終わったら、部屋でテレビの鑑賞タイム。

もちろん広告も流れますが、自身のスケジュールアラートもポップアップされるようになっています。

出かけるためのファッションも選んでくれます。姿見は鏡ではなく、立体映像になっています。

しかし、彼が実際にいるのは置いている家具も最小限の殺風景な部屋。テクノロジーとミニマリズムを突き詰めるとこうなるのでしょうか。

デートの相手を待っている間には、ゲームを楽しめます。が、途中で名前を呼ばれる声が。

ゲームをやめると彼女がすでに到着していました。視界を遮っているとこうなるのかもしれません。周りからは変な見た目に写っているのかも。

挨拶をすませると、男性はデート用のアプリケーションをすかさず起動。しかし、分析によるとどうやらこの"ゲーム"の難易度は、かなり高め。彼女もあまり乗り気ではないようです。

しかも、アイウェアを装着しているのは彼女も同じ。出会った瞬間に「今日もつまんないデート」とSNSに投稿しています。…恐ろしい。

会話も噛み合わないままですが、そこはアプリのアドバイスに従います。

「どこか別の場所をすすめてみてください」

どうやら移動するほどではないよう。すると「飲み物を勧めてみては?」とのアドバイスが。彼女もOKのようです。

男性はスマートレンズに表示されたドリンクメニューからワインを注文します。店員に依頼する必要はありません。

女性の機嫌を伺いつつアドバイスに従っていくと、興味を示したことを示す表示が!その他にもリアルタイムで様々なヒントがアラートされます。

「冷静に」

「ここは無難に、謙虚で」

「笑顔に気をつけて」

徐々に彼女のテンションもヒートアップ!しかし、ちょっと深すぎる話題に入って地雷を踏みそうなので、アプリからも「話題を変えましょう」との指示が。

そんなこんなでデートは円滑に。

アプリのおかげか女性はかなりいい気分に。どれだけ飲んでいるかなどもステータスが示されています。

次のステップへと誘うタイミングも「今だ!」とバッチリ教えてくれます。もちろん支払いもその場でOK。

男性は無事に自宅へと女性を誘うことができました。

男性の部屋を見渡す女性。

もう一度2人で乾杯。「完璧な夜に」なんてセリフもアプリのアドバイスなのでしょうか。

女性はまんざらでもない様子。ゲームは順調のよう。しかし、あるものを見て女性の表情は変わります。


部屋の壁に並べられていたアプリのアイコンの中には、彼の使っていたデートアプリが!

もちろん女性はカンカンです。

「アプリで口説いてたなんて信じられない。キモッ!」


部屋を出ようとする女性を、男性は強い口調で引き止めます。

「"待て"と言ってるんだ」

すると何かの設定画面のようなページが…。

これが最後のシーン。男性がこんなセリフを投げかけて物語の幕が閉じます。

「もう一度最初から始めよう」


実は女性もゲームの一部だった…という衝撃のオチが待っていました。拡張現実や仮想現実などの最新技術の未来にワクワクする反面、考えさせられる内容にも。

作品は、イスラエルのベツァルエル美術デザイン学院の学生「Eran May-raz」氏と「Daniel Lazo」氏による卒業制作。彼らのホームページでは、その他にも多くの作品が掲載されています。気になった人はチェックしてみては?

この動画はフィクションではありますが、Googleが開発している「スマートコンタクトレンズ」などを考えるとあながちありえない話ではないのかもしれませんね。

Licensed material used with permission by Robot Genius

関連記事リンク(外部サイト)

レクサスが「ホバーボード」を発表!『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』よりかっこいいかも・・・
便座に紙を敷いても、全くの無意味!意外と知らない「トイレの真実」
この映像が「どこで」撮影されたか、あなたは気付きますか?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP