体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

10/5付ビルボードジャパンチャートおよび9/21~9/27 RADIO ON AIR DATA発表

10/5付ビルボードジャパンチャートおよび9/21~9/27 RADIO ON AIR DATA発表

音楽サイト「Billboard-Japan.com」を運営する阪神コンテンツリンクおよびプランテックは、プランテック提供による10月5日付ビルボードジャパンチャート Hot 100、Hot Animation、国内洋楽(集計期間:2015年9月21日〜9月27日)および2015年9月21日〜9月27日のRADIO ON AIR DATAを発表した。

セカオワ「SOS」、ラジオとパッケージでポイント急伸、ビルボード総合首位獲得

映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』主題歌、SEKAI NO OWARI「SOS」がパッケージ・セールス1位、ラジオ4位、ルックアップ6位と訴求力の高さを見せ、総合Billboard JAPAN Hot100首位を獲得した。その影響によってか、同映画前編の主題歌「ANTI-HERO」もラジオとTwitterでそれぞれ順位を上げており、ルックアップも好調で、両曲とも総合20位以内にチャート・インすることとなった。

韓国男性アイドルグループGOT7「LAUGH LAUGH LAUGH」は、パッケージ・セールスで2位、Twitterでは1位でポイントを積み上げ、総合Hot100で初登場3位につけた。ルックアップが奮わず56位に留まっており、次週以降も上位を維持できるかは、ルックアップ次第となっている。

今週パッケージが発売されるサカナクション「新宝島」は、ラジオで先週初登場3位から1位にランクアップ、Twitterも59位から6位に順位を上げて、総合16位となり、次週10位圏内にチャート・インすることは確実だ。また、初音ミクがMステ10時間SPで地上波に初登場した効果により、WhiteFlame feat.初音ミク「千本桜」のYouTube週間国内再生回数が220万回を超えてダントツの1位となり、ダウンロード数も伸ばし先週46位から今週16位に総合順位を上げている。

秦 基博「ひまわりの約束」が2週ぶりにビルボードアニメチャートの首位に返り咲き セカオワ「RPG」は100週目のチャートイン!

新曲のチャートインが少なくロングヒット曲の活躍が目立った今週のビルボードアニメチャート。首位となったのは映画『STAND BY ME ドラえもん』主題歌の秦 基博「ひまわりの約束」。先々週の首位に引き続き、またしても2014年リリースの名曲が1位となった。同曲はデジタルセールス、Youtubeの再生回数、ストリーミングの類推数で全てアニメチャート中1位となっており、改めて定番曲としての人気を証明した。

「ひまわりの約束」以外にも、今週は2014年以前のリリース曲が5曲ランクイン。SEKAI NO OWARIによる「RPG」は2013年のリリース以来、バンドの人気の拡大とともにすっかり本チャートに定着、今週、遂に100週目のチャートインを果たすという快挙を達成した。同曲は今週デジタルセールスが7位と健闘したほか、Youtubeも3位と好調。しっかりと足場を築いた中でのロングヒットとなっている。

また、TVドラマ版の公開などに伴い再注目を集めているのが、アニメ版『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の主題歌、「secret base~君がくれたもの~」。ZONEの名曲のカバーとして、2011年リリースの一曲が今週デジタルセールス2位という躍進を見せ、久々のランクインを果たした。『あの花』のTVドラマは、アニメ版のファンなどを中心に賛否両論の様相となっているが、少なくとも主題歌への再注目という意味では大きなプラスをもたらしたようだ。

その他、3位にはUNISON SQUARE GARDENの「シュガーソングとビターステップ」が20週目のチャートインとともに再浮上するなど、ロングヒットが目立った今週のチャートで、数少ない新曲とした気を吐いたのが、凸レーション with 城ヶ崎美嘉による『アイドルマスター シンデレラガールズ』エンディング曲、「私色ギフト」。圧倒的なCDセールスポイントで他の曲をリードし、見事2位に食い込んだ。また、乃木坂46による映画『心が叫びたがってるんだ。』主題歌、「今、話したい誰かがいる」は、CDリリースは10月28日とまだ先ながら、ラジオとTwitterのポイントだけで20位にランクイン。今後更なる上位進出が見込まれる注目曲となっている。

1 2 3 4次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。