ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「インド人も日本のルウカレーを美味いと言う」とカリ~番長

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 カレーはいかにしてニッポンの国民食となったのか。カレーといえばインドだが、日本初のインド料理店として1949年に東京・銀座にオープンしたのが『ナイルレストラン』だ。2代目のG・M・ナイル氏は当時小学1年生だった。

「創業以来、変わらぬ名物が鶏肉のカレー『ムルギーランチ』です。ムルギーはヒンディ語で鶏肉。終戦後に、“○○ランチ”というメニューが並んだ時代があるそうで、“定食”といったニュアンスかな。当時のカレーは高級で、たしか400円くらい。月給が1万円いかなかった頃だから、とても高いね。

 西洋からきたカレーとは趣が違うから、最初は『なんだ、おやじ! ゴミが入っているじゃないか』とベイリーフの葉っぱをつまみ出して大騒ぎしたお客さんもいたみたい(笑い)。でも、本場インドのスパイスの風味を日本人はすぐに受け入れてくれたと、創業者の父から聞いています」

 1980年代に入ると、新顔の「タイカレー」が登場する。老舗のひとつ、東京・阿佐ヶ谷『ピッキーヌ』では創業以来、グリーンカレーのペーストは自家製である。本場と同じく、ドライではなく生のハーブ類を使うのが譲れないこだわりだ。
 
「創業した1989年は、レモングラスが1キロ3500~4000円もした。だからタイでカレーペーストを作って輸送していたのですが、輸送費が高くて採算が合わない。年の暮れには閉店しようか、真剣に悩んだほどです(苦笑)。今は400~500円程度で手に入る。安くて質がいいから、幸せです」

 と、店主の寺元健治氏。料理長はタイ出身の妻・メッタさんが務め、宮廷料理人だった祖母直伝のレシピを再現。嫁入り道具はレモングラスなどを切り刻む高速カッターだったそう。当時、タイから取り寄せるハーブ類に太刀打ちできる器具は、日本にはなかったという。

 全国でカレーを提供する出張料理ユニット『東京カリ~番長』が解説する。

「日本のカレー文化は世界中でも例のない、特異なもの。それは他国と違って、インド料理と出会う前に西洋からカレーがきたからなんです。日本人の舌に合うカレーにしようと工夫している最中に、インド料理が到来した。そのため、日本特有のカレー文化が育まれました」

 イギリスでカレー粉が生まれ、やがて純国産のカレー粉ができ、フレーク状のルウを経て、1950年代には日本独自のカレールウが誕生した。
 
「固形ルウの登場で、日本全国へ爆発的にカレーが広まりました。甘口で子供向けの『バーモントカレー』、スパイシーな大人向けの『ゴールデンカレー』、高級路線の『ディナーカレー』、カレーに“コク”という新概念を打ちたてた『熟カレー』が、エポックメイキングな4銘柄。インド人も日本のルウカレーを美味しいといいますよ(笑い)。そこから派生したレトルトカレーも日本が誇る発明品です」(同前)

 固形ルウの普及に伴い、一般的になったのが“隠し味”。これもまた独自の文化だという。
 
「タマネギを飴色になるまで炒めたり、ルウを何日か寝かせてみたり、隠し味をあれこれ入れたりといった工夫は、インド人もイギリス人もしていない。ところが日本では隠し味のチョコひとつとっても、どの銘柄が好みかで、議論がすごく盛り上がる。そこが日本のカレーが発展した原動力で、まだまだ進化すると期待しています」(同)

●監修:東京カリ~番長 1999年結成の出張料理ユニット。『ニッポンカレー大全』(小学館刊)などの著書がある調理主任の水野仁輔氏ほか、男性11人で構成。全国各地のイベントに出張して、テーマに合わせたカレーと音楽を提供している。商品開発やメディア出演も多数。

撮影■河野公俊

※週刊ポスト2015年10月9日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
カレーの起源はインド だがインドにカレーという言葉はない
金谷ホテルの百年ライスカレー 創業者のひ孫が記憶辿り復刻
家カレーレシピ マサラやナンプラー、オイスターソース使用

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。