ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】“群衆の知恵”が改革を起こす!?アイディア・企画書を取引する新型プラットフォームとは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

オープンイノベーションとは、社外の資源を活用して、社内にイノベーションを起こすビジネスメソッドのこと。

海外では当たり前のように採用されており、この手法によって大きな成功を収めた企業も、数多く存在する。

このオープンイノベーションを、サービスとして国内でいち早く実現したのが、「フラスコビズ」だ。

クライアントが設定した課題に対するプランを、外部から広く募集。いわば、ビジネスアイディア専門のクラウドソーシングである。

提供元は、今年創業のフラスコビズ。代表取締役、楠瀬 大介(くすせ だいすけ)氏に、詳しい話を聞いた。

・潜在能力の活用を目的に立ち上げたサービス

Q1:まずは、「フラスコビズ」提供のきっかけから、お聞かせください。

今まで“本当はすごいのに、社会に適応できずに埋もれている人”を多く見てきました。そんな人たちを、しっかり活用できれば面白い、と感じたのです。

そういう人は、能力を可視化しにくい“文系”に多いと思います。

また、クラウドソーシングなどのインターネット上のマッチングサービスには、埋もれてしまった人を発掘する力があると思います。

そこで、エンジニアやデザイナーでなくても使える、マッチングサービスを作りました。

Q2:「フラスコビズ」とは、どんなサービスなのでしょうか。

プランナーと企業を、マッチングさせるサービスです。

企業は自社の課題を提示して、コンペを開催すると、その課題についてプランナーが、各々ソリューションを提案しくれます。

また、プランナーはオリジナルの企画を、マーケットで販売することができます。

他にも企画・アイディアをブラッシュアップさせるために、謝礼を払う“心付け”や、アレンジする権利を取引する、“アレンジ権販売”の機能があります。

利用料金については、プランナーさまが報酬を受け取る際に、システム手数料として、20%かかるようになっています。

・斬新なソリューションと効率的な人材発掘を実現

Q3:本サービスを利用することで、企業はどのようなメリットを得るのでしょうか。

メリットは、大きく2つあります。

まず企業は、自社の課題に対して、多くのプランナーからソリューションの提案を受けることができます。

社外、そして業界外からの目線の違った提案を受けることで、社内だけでは気付かなかったソリューションが見つかります。

2つ目は、低価格で優秀なプランナーを発掘できることです。実力のわからない人材と契約するのではなく、コンペで実力を測ってから、プロ ジェクトや期間単位で契約するため、効率的な人材契約が可能です。

Q4:今後の展開で決まっていることがありましたら、教えてください。

サービスの展開としては、個別に契約できる機能を実装する予定です。(これにより、)プロジェクト単位や期間単位で、契約することができるようになります。

さらに、個別の契約にとどまらず、両社が合意した場合には、雇用契約に切り替えられるようにしたい、と考えております。

また、弊社では、“ある分野に突出して秀でている知識・スキルを持った人材”を“異能者”と呼んでいるのですが、(今後は)“異能者”と企業のマッチングサービスも、展開していく予定です。

日本国内では、数社の大手企業が着手しているのみのオープンイノベーション。本サービスを機に、この手法が広く浸透することを期待したい。

フラスコビズ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP