体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

史上初600試合連続救援登板の“鉄人左腕”が腕によりをかける豚焼専門店!『焼きゅう豚 繁』店主 藤田宗一さん【男の野球メシ#03】

f:id:Meshi2_IB:20150830103246j:plain

独立リーグ・群馬への移籍がきっかけで“豚”と出会う

ひとくちに“プロ野球選手のお店”と言っても、いわゆる“1億円プレーヤー”だったスター選手が常駐しているというお店は数少ない。そういう意味でも異彩を放っているのが、今回訪れた藤田宗一さんのお店『焼きゅう豚 繁』だろう。

藤田さんと言えば、ロッテ在籍時の2005年に、勝利の方程式“YFK”の一角を担って日本一に大きく貢献し、その後、巨人、ソフトバンクと渡り歩いてプロ初登板から600試合連続救援登板という史上初の偉業をもなし遂げた、球界を代表する左のセットアッパー。06年には、第1回WBCの日本代表メンバーにも選出されるなど、野球ファンにとっては、まさにスター中のスターといっていい。

そんな彼が、なぜまた豚焼専門店を切り盛りすることになったのか──。僕らは、偶然にも東山紀之のナレーションでもおなじみのTBS『バース・デイ』で取りあげられた直後の7月某日、赤坂にある藤田さんご本人を直撃した。

 

f:id:Meshi2_IB:20150830103416j:plain

▲店の入口では、藤田さん着用のユニフォームやジャビットくんがお出迎え

 

現役のときから、引退したら飲食店をやりたいなとは思ってたんです。ホントは自分で焼きながら接客もするような、カウンターだけの焼鳥屋をイメージしてたんですけど、たまたま群馬(ダイヤモンドペガ
サス)にいたときに、肉の卸しをやってる会社で修業をさせてもらえ
るって話をいただいて。だから、向こうでは、野球をやりながら、吊
ってある状態の豚から、部位ごとに肉をカットしたり、目利きの方法
を覚えたり……っていう肉の勉強もイチからやってたんですよ。

2012年、ソフトバンクで自身3度目の戦力外通告を受けて、独立リーグ・群馬へと入団した藤田さんは、ふくらはぎの故障をきっかけに“引退”を決意。そこで、かねてから自分の中にあった“第2の人生”プランを具体的に模索しはじめる。そのタイミングで出会ったのが、店のイチ押しでもある群馬県産の稀少なブランド豚“愛豚”だったという。

 

f:id:Meshi2_IB:20150830103527j:plain

▲お店のイチ押しは『厚切りタン』(1290円)。見た目は豪快だが、味は繊細

 

f:id:Meshi2_IB:20150830103603j:plain

▲都内ではココでしか食せない群馬県産のブランド豚『愛豚のロース』(880円)

1 2 3 4次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。