ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

隠されているから知りたくなる? 中国の若者に「ホントの日本が知りたい」ブーム

DATE:
  • ガジェット通信を≫

9月28日放送の「未来世紀ジパング」(テレビ東京)は、中国で盛り上がりを見せる日本ブームを紹介した。いま中国の若者の間で、上海大学に通う留学生の山下智博さん(30歳)が人気だという。一見どこにでもいそうな普通の青年だ。

しかし上海の街を歩けば、あっという間に若者たちに取り囲まれ、写真をせがまれる様子はアイドル並みだ。人気のワケは、山下さんが制作したネット動画。流ちょうな中国語で、教科書では教えない日本語や、日本の若者文化をバラエティー番組のノリで紹介していく。
日本文化を紹介する「知日」は10万部発行

毎日1分間、半年間続けたところ、熱狂的な支持を受け、再生回数は累計2億4000万回にのぼった。中国のテレビは国が統制しているため、自由な映像表現に飢えていた中国の若者の心をつかんだのだ。

山下さんは中国に来る前は、日本人として理不尽ないじめや差別にあうことを想定していた。しかし来てみるとそんなことはなく、「皆優しく迎え入れてくれた」という。そんな山下さんは、中国で伝えたいことをこう語る。

「中国の学校教育だと、日本人のイメージは偏ってしまう。日本人の若者の考え方、リアルな日本を伝えたい」

日本文化を紹介する雑誌「知日」(ちにち)も売れている。「制服」「礼儀」「家族」など、毎月ひとつのテーマを深く掘り下げて特集する。発行部数は10万部で、雑誌が売れない中国では異例の数字。「笑い」のツボを日中で比較するというテーマでは、劇作家の三谷幸喜さんに取材をしていた。

知日を発行する編集長兼社長の蘇静(ソ・セイ)さんは、日本への留学経験もなく日本語も話せない。しかし、「気がつけば好きな映画や本は日本のものばかりでした」と語る。もっと日本について知りたいという思いから創刊したそうだ。
「日中は緊張しているが、庶民は気にしていない」

発売日には、書店レジ前に平積みになる人気。だが最近は当局の検閲が厳しくなり、2か月に1度の発行となっている。日清戦争をテーマに作った号は発行禁止になってしまったが、ソ・セイさんは雑誌を作り続ける意欲を失っていなかった。

「日中は緊張しているかもしれませんが、中国の庶民は気にしていません。主流かどうか分かりませんが、日本を知りたいという人はますます増えています」

現在も来日中国人観光客の「爆買い」が続いているが、その情報源は、なんと中国の普通のOLが運営するブログだという。人気ブロガーたちに話を聞くと、日本を良く思わない人から非難を浴びたことは「全くない」と話す。

こうした動きに、ゲストの坂下千里子さんは「反日と日本ブームのギャップが大きすぎて、どっちを見ればいいのか」と戸惑いの声をあげた。
政府の動きに騙されない都市住民

日本経済新聞社・編集委員の後藤康浩氏は、中国は「都市住民」と「農村に暮らす人々」の2つの社会を見なければいけないと解説した。

都市住民たちは教育や生活水準も高く、日本を訪れてイメージを変えることもあるという。一方農民はあまり情報に接する機会がなく、政府が反日と言えば反日に動く。

いずれにしても、外部からの情報はフィルターを掛けられて、等身大の日本の情報は中国では少ないのが現状だ。隠されていると思うからこそ、本当の日本を知りたいという意識が、もしかすると日本人より強いのかもしれないと感じた。(ライター:okei)

あわせてよみたい:フェイスブックが中国人従業員を解雇した理由
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP