ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

浜崎あゆみ 12年ぶりライブハウスツアーで「M」「Replace」「Pray」等歌唱 博多弁全開MCも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 9月29日のZepp Diver City公演を皮切りに、12年ぶりに全国8都市19公演で開催される浜崎あゆみのファンクラブツアー【TA LIMITED LIVE TOUR】が開幕した。

 「可能な限り、ファンクラブ会員の皆に会いに行きたい」という本人の希望から、通常はアリーナ規模の会場で、細部まで作り込まれたエンタテインメントショーを魅せるayuが、よりオーディエンスと密接な距離感となるライブハウスでのライブを行うのは、ファンクラブ「TeamAyu」会員を対象とした、2003年の【ayumi hamasaki LIMITED TA LIVE TOUR】以来12年ぶり。

 初日公演となるZepp Diver Cityは、2,500人のファンクラブ会員で超満員。ayuが登場し、想いを込めたオープニング曲を歌いだすと大歓声があがる。前日ゲネプロ会場から緊急生中継されたLINEトークでも言及され、ayuの呼びかけでLINEやTwitterで行われた「聴きたい曲リクエスト」でも上位に位置した代表曲「M」、同じくリクエスト上位に位置し、ファンから圧倒的な支持を受ける人気曲「Replace」の2005年ツアー以来10年ぶりとなる歌唱、アニメ映画『BUDDHA2 手塚治虫のブッダ-終わりなき旅-』(2014年2月公開)の主題歌「Pray」のライブ初披露等、98年のデビューアルバム『A Song for ××』収録楽曲から最新曲まで、ファンクラブツアーならではの新旧名曲を数多く披露し、通常のツアーと一味違うセットリストにオーディエンスの歓声も一段と大きくなる。

 また、普段のツアーでは一切行っていない本編中のMCも、博多弁全開でファンに語りかける等、ayuとオーディエンスのフレンドリーな距離感がとても印象的なライブとなった。このツアーは、11月24日 Zepp Tokyo公演まで全国8都市19公演で約4万5千人を動員する。

 なお、浜崎あゆみは、10月28日に「浜崎あゆみLIVEエンタテインメントの最高到達点」と評される【ayumi hamasaki ARENA TOUR 2015 A Cirque de Minuit ~真夜中のサーカス~ The FINAL】をライブ映像作品としてリリースする。

関連記事リンク(外部サイト)

浜崎あゆみ 最高到達点のライブ作品は非売品「ツアー打ち上げTシャツ」付き
浜崎あゆみ【a-nation】小室哲哉&AAA浦田と担ったシーンの大役 Acid Black Cherryはファンとアウェー戦制す
ドリカムベスト盤がビルボード週間チャート返り咲き、サカナクションや浜崎あゆみの新作も好調

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP