ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

40才以上の5%がかかる緑内障 進行するまで自覚症状なし

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 私たちは情報の多くを“目”から取り込んでいる。その目が、もし見えなくなったとしたら…。厚生労働省の研究資料によると、わが国の失明原因第1位は緑内障。しかも、この病気にかかる率は意外と高く、日本緑内障学会の調査で40才以上の20人に1人が有病者という結果が出ている。決して他人事ではないのだ。

 では、緑内障とはいったいどんな病気なのだろう。緑内障専門医で、先の調査研究メンバーでもある東中野とみどころ眼科院長の富所敦男さんはこう話す。

「簡単にいうと、目と脳をつなぐ『視神経』に障害が起こり、視野が徐々に狭まる病気です。視神経は通常、100万本くらいの線維の束になっているのですが、その線維が減っていき、減った部分はものが見えづらくなります」(富所さん、以下「」内同)

 眼圧が高くなるほど、「視神経乳頭」という部分に圧力がかかり、神経線維が傷つきやすくなるそうだ。急激に圧力が高くなれば、2~3か月でほとんど目が見えなくなることもあるという。

「緑内障は、いくつかの種類に分かれています。目の構造上の問題で眼圧が高くなるケースもあれば、病気やけがなどで目の中に異変が起きて眼圧が高くなり、緑内障になるケースもあります。前者は、手術やレーザーによる切開などで予防が可能です」

 ただし、眼圧が正常レベルでも緑内障にかかるとのこと。

「『正常眼圧緑内障』というのですが、むしろこのタイプの人がいちばん多いです。進行はゆっくりで、見える範囲が少しずつ減っていきます。進行を遅らせる目薬を使って治療するのが主流です。問題は、どのタイプであれ、一度失った視野は回復しないことです。また、治療をしないまま放置すれば、失明につながる恐れがあります」

 そうならないために、何に気をつければよいのだろうか。

「かなり進行するまで自覚症状のない人が多い病気です。そのため、ある程度の年齢になったら検診を受けることが大事になります。眼圧計測だけでは発見できない場合もあるので、一緒に眼底検査も受けることをおすすめします」

※女性セブン2015年10月8日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
目の成人病“緑内障”の治療法は4種類 いずれも眼圧を下げる
加齢で誰でもなる可能性のある目の病気 緑内障は失明危機も
早期治療で失明回避したい 緑内障・糖尿病性網膜症等の疾患

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP