ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画好きはアプリに集う? 失敗しない映画選びを「Filmarks」で

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「今週末は、映画でも見に行こうかな」

ふとそう思いついても、どれを見ようか迷うもの。劇場に行ってピンとくる映画が見つかればいいけど、いくつもの映画の中から「気分にドンピシャな1本」を見つけ出すのはなかなか難しい……。

そんなときは、映画専門のSNSアプリ「Filmarks」がおすすめ。上映作品、好きな映画や見た映画のレビューの閲覧はもちろん、気になる映画をクリップすれば、ほかのユーザーとコミュニケーションを取ることもできるSNSアプリである。現在、登録されている映画は6万件にのぼり、投稿されているレビュー数は800万件を超えている。

このアプリでは、人気ユーザーの映画レビューを見ることができる。人気ユーザーたちはレビュー数も多く、新作公開後すぐにレビューを投稿してくれる人が多い。気になる作品があれば、詳細ページに飛び、作品データやYouTubeの予告動画、ユーザーレビューなどのチェックも可能。映画評論家的な難しいウンチクというよりも、シンプルに良かった点や見所を教えてくれる人が多い。自分の好みや感想と一致しているユーザーをフォローしていくことで、気がつかなかった良作や名作と出会える機会を格段に増やすことができる。

心配なのは、ネット上でレビューを見ていると、ついネタバレが目に入ってきてしまい、激しく後悔……なんていうパターン。安心してください。「Filmarks」では、ネタバレが含まれているものはタップしないと表示されないという、実にユーザー思いの新設設計。「最初から最後まで映画をたっぷり楽しみたい!」というユーザーにはうれしい配慮がなされている。観賞済みの作品であれば、ネタバレを踏まえつつ、熱いレビューが書かれている場合が多いので、それらを見返してみるのも楽しみ方のひとつだ。

しかし、何といっても「Filmarks」のいちばんの特徴は、「レビューを楽しみにしている人とつながれる」ところだ。映画レビューを投稿してみると、みんなからみるみる”いいね!”や「コメント」が集まってくる。いつの間にやらコメント欄で映画談義が交わされ始めるというのはこのアプリならではの楽しさだ。また、映画上級者の人は「#文句なし傑作」や「#死ぬまでに見たい映画」といったハッシュタグを活用して映画を推薦してくれている。これらを探して積極的に交流してみるのもいいだろう。

開くだけで、まるで映画サークルに参加しているような気分になれるこのアプリ。今いままで興味がなくて見観逃していた作品が、意外にも人生を変える1作になるかもしれない。このアプリを活用し、ぜひ思い出に残る映画を見つけてもらいたい。

関連リンク

Filmarks

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。