体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ベンツ『SLK』がフルモデルチェンジ!業界初のWEB発表会も

new SLK graphic_front

2011年5月18日(水)、東京・六本木のメルセデス・ベンツ日本本社において『The new SLK-CLASS』のWEB限定公開発表会が行われた。

新しい『The new SLK-CLASS』(以下、『SLK』)はいったい、どこが違うのだろうか。WEB限定発表会の様子も交えて、お伝えしたい。

――業界初のWEB発表会 新型『SLK』

SLKに乗る美女

今回のような事前収録の動画形式によるWEBのみでの発表会は、日本国内の自動車業界で初の試み。その発表会の動画の内容を踏まえつつ、新型『SLK』の進化をさらっていきたい。

動画がスタートする。劇場のスクリーンには『SLK』で荒野を疾走する美女。ポップコーンをほおばりながらそれを見る男性。この男性こそが、メルセデス・ベンツ日本 社長のニコラス・スピークス氏である。

ニコラス氏

インタラクティブムービー『SPEED DATE』を見ながら、ニコラス氏は、代表取締役 副社長の上野金太郎氏へとバトンをつなぎます。

上野氏とSLK

――全天候型『SLK』はどう変わったか
「一年中、ロードスターの喜びを味わえる車として」改良が進められてきた『SLK』は、今回で第三世代となるという。
SLSやSLを思わせるフロントビュー、そしてサイドビューはロングノーズショートデッキのプロポーションにより、よりスポーツカーらしさを強調しているのが特徴。サイズ的にも、これまでの『SLK』が持つ取り回しの良さは固持している模様だ。

コクピット

インテリアは飛行機のコクピットを意識しつつも、細かな素材に配慮した上質な仕立てとなっている。

――世界初「マジックスカイコントロールパノラミックバリオルーフ」
今回、新たに採用される「マジックスカイコントロールパノラミックバリオリーフ」は、大きな特徴のひとつだ。

マジックスカイコントロール

バリオルーフを閉じていても、スイッチ一つでルーフの濃淡を切り替えることができるのだ。つまり、日差しが強いと感じたら、スイッチを入れることで瞬時にルーフ部分の色がサングラスのように変化させることが可能となっている。もちろん、雨の日などでも日差しを感じたい、と思った時にはときはすぐに透明にすることができる。

今回の『SLK』のモデルチェンジにより、かつての「季節や天候に対して、ロードスターは不便である」という概念は無縁となるかもしれない(※当システム搭載車は9月より納車予定)。

1 2次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy