ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

美肌にいいと話題のカツオの心臓「ちちこ」串焼き2千本即完売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 最近、注目の美肌成分・エラスチンは、肌のハリを保つのに重要な弾力線維。牛や豚などの哺乳類や魚にも多く含まれ、中でもカツオには豊富。もちろん皮や身などにも含まれているが、特に心臓には多くあるという。

 そこで、カツオの消費量全国1位の高知県へ飛び、話を聞いた。中土佐町商工会会長の川島昭代司さんはこう話す。

「高知県の食卓にカツオは欠かせません。高知ではカツオの心臓を『ちちこ』と呼んで、漁師の家では昔から普通に食べていました。最近は、美肌にいいと人気が高くなり、地元の祭りでちちこの串焼きを2000本以上用意しましたが、あっという間に売り切れてしまいました」

 カツオの漁師町として有名な中土佐町で鮮魚店を営む田中節子さんは、今年で81才になるが今でも現役で店に立っている。「子供の頃から、ちちこを食べている」といい、81才とは思えないほど元気で、肌にもハリがある。

 日焼けしやすい海の近くに住んでいるにもかかわらず、町を歩く女性には美肌美人が目立つ。ハリのある若々しさが目を引いた佐伯真紀さん(43才)に声をかけると、「親戚が漁師なので、毎日のようにカツオを食べています。ちちこも子供の頃から食べていますよ」と教えてくれた。

 また、町のスーパーを覗いてみると、鮮魚売場にはカツオの切り身だけでなく、生のちちこも並んでいた。やはり高知の人々にとって、ちちこは元気と美肌の素なのだ!

※女性セブン2015年10月8日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「カツオが不漁」のニュースを磯野家の一大事と勘違いする妻
鰹節屋が経営「行列できる立ち食いそば屋」の穴子そば440円
北海道新ご当地ヒーローに「悪役に見える」「怖い」の声殺到

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP