ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

豚バラ軟骨を8時間煮込み作るカレー ライスによくしみ込む

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 毎年、事務所でカレー大会を主催するほどカレー好きな漫画家・しりあがり寿氏にオススメのカレー店を選んでもらった。東京・三軒茶屋の国道246号線沿いにある『とんがらし』は、77歳を迎えた女将さんが一人で切り盛りする家庭的なカレー店だ。

「都会の真ん中にあるのに、おばちゃんの温かさが感じられるお店。トマト中心のカレーソースはそんなに辛くないけど、コクがあるんですよ。サラサラしていてライスによくしみ込むのもいいんです」(しりあがり氏)

 豚バラ軟骨を弱火で8時間ほどトロトロと煮込んで作るソースには、豚肉のほか、ほうれん草やくるみも入りヘルシー。サフランライスとともに頬張れば、フルーティーな味わいで、スパイスが爽やかに香る。

●とんがらし
【住所】東京都世田谷区三軒茶屋1-41-12
【営業時間】11時半~20時半
【定休日】水曜日

撮影■小松潤

※週刊ポスト2015年10月9日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
PA内ココイチ名物 ロースカツと海老フライのKabuto カレー丼
いなばのタイカレー缶を使ったレシピ集 113種の料理を紹介
89才料理研究家 ルーを使わない和風ライスカレーのレシピ紹介

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP