体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

石原慎太郎×田原総一朗(3) 「新銀行東京は成功した」

ニコニコ動画の討論番組に出演した石原慎太郎東京都知事

 石原慎太郎・東京都知事は、2011年5月17日に始まったニコニコ動画の討論番組『田原総一朗 談論爆発!』に第1回ゲストとして出演した。田原氏との対談の中身は外交関係にも及び、「尖閣諸島でろくなことをしなかった」と中国を批判する一方で、アメリカについても「国防総省は僕を憎んでいる」と口撃した。また累積赤字を抱えながら400億円の公的資金注入で批判を浴びた新銀行東京について、田原氏から”失敗″と振られると、「成功した」と反論し、「新銀行東京はいま、門前、市を成している」と主張した。

石原慎太郎×田原総一朗(2) 「東京に『隣組』を復活させたい」

 以下、番組でのやりとりの全文を書き起こして紹介する。

田原総一朗氏(以下、田原): あえて言う。他の人は絶対言わない。石原さんが銀行のことをボロクソに言うのは、新銀行東京が失敗したからではないか。

石原慎太郎東京都知事:(以下、石原): そんなものは成功した。昔、大きな銀行にいて役員になりそこなった人が――その銀行は潰れたんですけど、合併されて――やってくれた。なんで復活してきて、ちゃんと黒字を2年間出すようになったかというと、他の銀行が絶対やらないことをやった。それは、リスケという。リスケジュール。「あなたのお金は期限がこれまでだけど、無理だから延ばそう。延ばすがこういう努力をしなさい」ということを手取り足取り教える。それは銀行の責任。うちの銀行は小さいし、貸す額は少ないが、それでも500万、1000万、2000万円。ところが、大きな銀行は、500万、1000万(を貸してほしいという小さな企業は)潰してしまえと。そんなところでリスケジュールで、あんな企業の世話をするよりは・・・。

田原: 企業を潰してしまえと。

石原: 潰したい。スパっと切るわけ。そんな理不尽が通じているから、誰もこのごろ大銀行に金を借りにいかなくなった。てめえら何様か知らないが、本当によくない、日本の銀行は。

田原: 新銀行東京は、今よくなりつつある?

石原: それをやってきたから信用が出て、新銀行東京はいま、門前、市を成している。

田原: また、あえて聞きたい。石原さんが今度、都知事になったのは「やっぱり新銀行東京がこのままでは潰れるから、それを潰すのを延ばすため」と言う者もいる。

石原: とんでもない。もうちゃんとセカンドステージに来たから。どうやるかというと、東京の中小企業は素晴らしい技術を開発しているが、なかなか製品にならない。それをするために、私は「技術大賞」というものを設けて、ベンチャー・テクノロジー――昔は成功した会社に表彰していたのだが、そんなのはいい――これから成功する可能性のある技術を開発した会社に表彰をしている。それはしかし、物によったら、なかなか製品化するのは難しいし、日本の(技術)は進みすぎているから、本当は都合がいいのだけども、日本じゃ不必要だから、外国に持っていったら喜ぶものがいっぱいある。相手を中国にこれをやろうと思った。銀行のためにも。セカンドステージで。これは日本の経産省は全然動かないし、JETRO(日本貿易振興機構)も動かないから、僕がやる。その代わり「東京」対「政府」でやろうと。北京政府。北京の「市」じゃなしに。向こうのカウンターパート(対応相手)は、「一番最高責任者が出てこい」ということで。ナンバー3だか、ナンバー1の人と話し合いをして。向こうも喜んで。(そのときに)ある中国の大要人の娘さんと親しくなって、その人とも会った。それでそういうファンドを作ってやろうと思った。ところが、「あいつら」と言っては悪いが、尖閣諸島でろくなことをしなかった、中国は。僕は腹が立って「ダメ」と(関係を)切った。

田原: 尖閣でね。尖閣諸島で中国の漁船がいっぱいやってきて、日本の水域へどんどん入ってくると。海域へ。日本の巡視船が、つまり海上保安庁が船長を逮捕した。

石原: あの事件は・・・(政策集団)青嵐会の仲間から金を集めて、関西大学の冒険部の学生を最初にやって、あそこ(尖閣諸島)にチャチだけど灯台を作ったのは僕。

田原: 石原さんと今、議員を辞めてるけど、弁護士で元民主党(の)・・・。

石原: 西村真悟は(それの)全然あと。それで、その時に青嵐会の仲間と拠金して、その後それを聞いて、右翼の(日本)青年社が「私たちがあとをやりたい」と言うから、「ぜひやってくれ」と。彼らは金を持っているからね。立派な灯台を作った。足りないところは直させて。それで運輸省に持っていって「ちゃんと海図チャートに記載してくれ」と頼んだら、外務省のバカが横槍を入れて、「まだ時期尚早だ」と、できて光っている灯台を認可しなかった。

田原: 「時期尚早」とはどういうこと。何が「尚早」なのか。

石原: 知らない。何が「尚早」なのか。とにかくあいつらは大きな国にペコペコペコペコするし、アメリカさんにはペコペコするし、ろくな役所ではない。(米軍基地のある福生市)横田を取り戻そうという会議だって、この頃、外務省は出てこない。

田原: あれも石原さんがいいと思ったの。東京の横田にある基地をやっぱり日本の民間空港でもいい、自衛隊でもいい、使おうじゃないか。

石原: 本当は貸すべき。共同資本にしたらいい。今度、航空自衛隊の本部があそこに移ったから。管制権だけを取り戻して。横田の管制区域というのはべらぼうに広い。新潟まで及んでいる。そこを日本の飛行機は飛べない。ヨーロッパから帰ってくるとき、ロシアの大陸から日本海に出ると、まっすぐ成田に来られずに迂回して太平洋に出て、そういうバカなことをしている。それ何にも日本人には痛痒を感じない。

田原: 痛痒を感じないのではなく、知らない。だから、「そこのところを通れるようにしよう」と、石原さんがやったと・・・。

石原: 少し通れるようになった。特に大阪とかソウルとか博多とかに行くところは、今まで(空港で)1車線の往復だったところが、3車線の往復くらいにして。これもあいつら(アメリカ)が嫌がっていたんだけど、狭いところで日本の飛行機が正面衝突しそうになって、片一方は急降下、片一方は急上昇した。(それで)住民が死にそうな大怪我した。それで初めて「しょうがねえな」と(空の)道路だけは開放したんだけれども。あの(横田)飛行場を使わせなかったらしょうがない。

1 2次のページ
ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。