ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

リリー・フランキー 「洞窟おじさん」に尾野真千子を勧める

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 43年間荒野でサバイバル生活を送ってきた“洞窟おじさん”こと加村一馬さん(69才)の著書『洞窟おじさん』(小学館)が、リリー・フランキー(51才)主演でドラマ化。7月20日に放送された2時間版に続いて、10月1日からは全4話の完全版(NHK BSプレミアム、毎週木曜夜9時スタート)が放送される。

 そこで、原作者の加村さんと、その加村さんを演じたリリー・フランキーとの対談が実現した。

〈11年前、加村さんは自動販売機をこじ開けようとして現行犯逮捕され、“発見”された。その後、群馬県内で福祉施設を運営する社会福祉法人『三和会』の藤澤敏孝さんの助けがあり、現在暮らしている自立支援施設に移り住むこととなった。「軽部さん」(尾野真千子が演じる)は、その施設の職員として働いていた保嶋のり子さん(62才)がモデルとなっている〉

加村さん:恥ずかしいけど、本当に保嶋さんは神様みたいな人だな。

リリー:世俗に交われず、逃げようとする加村さんを必死につなぎ止めたんですもんね。チャリンコで逃げようとするところを追いかけて、格闘して、捕まえて…。この時のシーンは自然に泣けました。誰とも接することのできなかった加村さんが、いろんな人に触れて変わっていく。人との接触を受け入れるようになって、加村さんが温かい気持ちを取り戻していく。そういうドラマがあってこそ、物語になったんでしょうね。

加村さん:恐怖は耐えられるけど、結局、寂しさには耐えられないよ。洞窟で暮らせたのだって、(愛犬の)シロがいたから。そうでなきゃ、どこかに死にに行ってただろうね。富士山の樹海をさまよったとき、首つりして白骨化したおじさんと女の人を見たことがあった。あのひどい姿を見ていたら自然と涙が出たんだ。すごく寂しい人に思えたんだよ。

〈最初は緊張していた加村さんも、徐々にリラックスしてきた様子。打ち解けたふたりの話は弾んでいく。そしてこんな話題まで…〉

リリー:今回こうやってドラマになってるわけですが、テレビを見て、「あぁ、この女優はいいな」とかって誰ですか?

加村さん:やっぱり、尾野真千子さんだね(笑い)。

リリー:え!? 本当ですか? そんな通俗的なお世辞を言っちゃダメですよ、洞窟おじさんは!

加村さん:本当だよ。昨年『足尾から来た女』(NHK)というドラマを見て、すごい女優さんがいるんだなと思ってたの。そうしたら、現実になったの。

リリー:なんで現場でプロポーズしなかったんですか。女優は疲れてますから、虚を突いたら、何とかなりますよ(笑い)。基本的にワイルドな男はモテますから、加村さんみたいに。

加村さん:(笑い)

リリー:そういえば、加村さんの初体験の話は羨ましいですよね。もう渡りに船というか。

加村さん:30代半ばくらいの時かな。町に出たら女の人に水をかけられて、それで何か飲まされたの。そしたらなんか眠くなっちゃって、気づいたらベッドに縛りつけられて…。

リリー:そういう人に会いたいものです(笑い)。おれは19才の時でしたね。前の年に福岡から東京に出て、横浜の人でした。やっぱり、横浜の人は発展的ですね。めちゃめちゃリードされました。「タアーッ」って声をあげましたもん。まあ、こんなことを話してもどうせ使ってくれないとは思いますけど(笑い)。このドラマは「洞窟おじさん」が人として、男として育っていく物語。現実の話だからこそ、感動的なシーンもあれば、コミカルなシーンもある。加村さんの人生のすべてを楽しんで見ていただけたらなと思いますね。

※女性セブン2015年10月8日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「洞窟おじさん」加村一馬さんとリリー・フランキー対談実現
ドラマ化の『洞窟おじさん』 社会復帰までの11年を振り返る
今冬ドラマに「おっさん」増 背景にリアリティー求める傾向

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP