ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

格安葬儀 「これでよかったのか」と悩む人、心晴れやかな人

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 かつては大勢の会葬者が訪れる葬儀が一般的だったが、近年は「家族葬」「直葬」と呼ばれる低価格・小規模な葬儀が全国的に広がっている。「安い」「アットホームでよかった」という具体的なメリットを挙げる人や、「親族からみすぼらしい葬儀をするなと責められた」や「いつまでも自宅に弔問客がひっきりなしになる」というデメリットを語る人がいるが、より深刻なのは遺族の「心」への影響だ。ライターの池田道大氏が、格安葬儀経験者の声をレポートする。

 * * *
 千葉県在住のAさん(55)が「身勝手な話ですが……」と切り出す。

「認知症の末に父が亡くなって解放された気になり、5万円ほどの最も安い直葬にしました。気持ちの整理はついていたはずですが、祭壇も供花もないなか作業が淡々と続き、火葬の際は“本当にこれでよかったのか”と胸が苦しくなりました。正直、今も心が落ち着きません」(Aさん)

 同じ直葬でも都内在住のBさん(52)は晴れやかだ。

「経済的な理由で母を直葬しましたが、葬儀社の助言もあり“納棺の儀”を追加しました。納棺師が母の亡骸を布団に包んで死化粧をし、網笠や草鞋を収めて荼毘に付しました。火葬の際はさすがに辛かったですが、旅支度を整えたおかげで心置きなく、母をおくることができました」(Bさん)

 ほんのわずかな違いで受け取り方はまるで異なる。

 葬儀ジャーナリストの碑文谷創氏が語る。
 
「葬儀で本当に大切なのは、価格や形式でなく、死者の尊厳を尊重し、死者と対面して“きちんとおくる”ことです。葬儀は弔いを通じて、死者との関係を結ぶ場であることを忘れてはなりません」

※SAPIO2015年10月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
5万円葬儀が「アットホーム」と好評 小規模葬儀流行の背景
葬儀「人をあまり呼ばなければ安く済む」という考えは短絡的
首都圏の葬儀費用は平均256万円で近畿地区より40%高い

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP