体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ニューヨークでの移動は地下鉄とUberで!その理由と使い方

Photo credit:Grzegorz Samborski 「NYC」

Photo credit: Grzegorz Samborski 「NYC

こんにちは! TRiPORTライターのTKです。

世界の中心とも言われているニューヨーク。
タイムズスクエアや自由の女神、ファッションに音楽、グルメなどなど様々な分野で世界中から注目の集まる街です。
せっかく訪れたからには色々な物を見たり経験したいですよね?そこで重要なのが移動手段。地下鉄、バス、タクシー、リムジン、白タク・・・大都市だけに移動手段もさまざまで、どれをどう使おうか考えるだけで頭がまわりそう。
しかし筆者はNYでの移動には圧倒的に地下鉄と、そして最近登場したUber(ウーバー)をオススメします。本日はNYの移動手段として筆者がこの地下鉄とUberを選ぶ理由とその使い方をご紹介します。

なぜ地下鉄を選ぶのか?

ニューヨークの地下鉄と聞くと、危険なイメージを持つ方も少なくないのでは。実際に、以前は地元の人でも乗車しない危険な乗り物でした。電車内には落書き、ドラッグ中毒者、強盗は当たり前…警察官が乗車していたほど。
しかし、それは30年程前の話。現在では車両、駅全体も綺麗になり治安は大きく改善され多くの人が地下鉄を利用しています。
なんと2014年には利用客が1日600万人を超える日もありました。下記に筆者がタクシーでもバスでもリムジンでもなく、地下鉄を選ぶ理由を列挙します。

▪️交通量の多いニューヨークでは市内を走るタクシーの運転が非常に荒く、チップや行き先を伝える際に慣れない人には不安。

▪️料金はどこまで乗っても一律$2.75、7日間乗り放題のメトロカードは$30、1ヶ月は$112さらにバスでも利用ができるのが嬉しい!

▪️駅構内では、ダンスや楽器の演奏や手品をするストリートパフォーマーが多く見受けられ、楽しめる。

▪️バスは時間に正確ではないので、旅先での貴重な時間を無駄にはできませんよね!

Photo credit:Ludovic Bertron via Flickr cc

Photo credit: Ludovic Bertron via Flickr cc

とはいえ、世界一治安の良いと言われる日本に居る感覚でいてはいけません!

▪️地下鉄は24時間走っているが、早朝・深夜の利用は避ける。

▪️怪しい人には近付かない、目を合わせない。

▪️荷物は前に抱える。

▪️寝ない。寝たら無防備になります。

▪️いかにも観光客らしい振る舞いをしない。(ブランド品に身を包む等)

▪️ホームでは先頭で待たない。

▪️空いている車両には行かない。

もちろん危険な地域(マンハッタンのイーストサイド、ウエストサイド、サウス・ブロンクス、ハーレムなど)もあるので間違えて行ってしまった際にはすぐに引き返すか人通りの多い所に行きましょう!

これらを常に意識していれば問題なく利用できるでしょう。それを踏まえてNYの地下鉄についての乗車方法などについて触れていこうと思います。

地下鉄の乗り方

1. まずは地図をゲット!

地下鉄の路線図は駅やホテルで無料で手に入ります。しかし、オススメはインターネット環境がないオフラインでも利用ができるこのアプリが大変便利!

1 2 3 4 5次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。