ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

5SOSの日本版MVに寺田心が出演、「とっても緊張しました」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 5SOSの新曲「シーズ・カインダ・ホット」の日本オリジナル・ミュージック・ビデオが解禁され、子役の寺田心が出演していることが分かった。

 ビデオには、この撮影用に結成されたミニソスが出演しており、寺田心はリードボーカル・ギターを務めている。本楽曲では歌詞の中に”新世代のリーダーとなる”というフレーズが使われており、リリースタイミングで来日できない5SOSの代わりに今、最も熱い新世代である寺田に白羽の矢が立ち実現に至った。

 撮影は、月末に下北沢のライヴハウスLIVEHOLICで実施。何度もミュージック・ビデオを見て練習し、空き時間も真剣に練習をしていたミニソスメンバーは、完全にロックンローラーになりきり、完全なリップシンクによって、かっこいいパフォーマンスを披露している。今回、初めてミュージック・ビデオに出演した寺田心は「お客さんの前でパフォーマンスするのはとっても緊張しました。でもお客さんとたくさん盛り上がれました。(もし本人たちと会えたら)ファイヴ・セカンズ・オブ・サマーさんと一緒に「シーズ・カインダ・ホット」を歌いたいです」とコメントしている。photo (c)Sotaro Goto

◎ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー「シーズ・カインダ・ホット」(”Mini Seconds of Summer” version)
https://youtu.be/oTUXd5i3hcQ

◎リリース情報
ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー『サウンズ・グッド・フィールズ・グッド』
2015/10/23RELEASE
UICC-10022 2,376円(tax in)

関連記事リンク(外部サイト)

5SOSのマイケル、心の病に苦しんでいたことをステージ上で告白
チャーリー・プース 貴重なアコースティック・ライブをJ-WAVE&YouTubeで本日9/29生中継
ダフト・パンク初のドキュ映画、いよいよ素顔披露か!? トレイラー映像公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP