ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Album Review: メディアが大絶賛するには理由がある。浮遊感に酔いしれる芸術的作品ラナ・デル・レイ『ハネムーン』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 この秋は、セレーナ・ゴメスやデミ・ロヴァートといった若手の女性シンガーから、ジャネット・ジャクソンやレオナ・ルイスといったベテラン勢も登場し、11月には1000万枚を突破した『21』以来の新作をリリースするアデルまで、まさに新旧のディーヴァたちが、そろって新作をリリースする。“ディーヴァ”という形容が2000年代から多発し、ちょっと違うかな…というシンガーもいる中で、ラナ・デル・レイは真のディーヴァといっていい存在だ。

 自身初のTOP10ヒットとなった「サマータイム・サッドネス」(2013年)の印象からか、彼女がこれほど古典派で、流行に左右されないシンガーだとは思わなかった。どちらかというと、その「サマー・タイム~」路線の、EDMやUKポップにあるサウンドを基盤にもつ人だと思ったから。先行シングル「ハイ・バイ・ザ・ビーチ」をはじめ、ラナの神秘的な声にマッチした、浮遊感漂うナンバーが途切れることなく続き、いつまでもその清涼感に浸っていたくなるアルバム『ハネムーン』。クレジットに“ドリーム・ポップ”とあるように、まさに夢見心地なサウンドの結晶だ。

 刹那を綴った“サッドコア”は健在で、どの曲にも物悲しさが漂っているが、“陰”ではない。1曲1曲が、映画の泣けるシーンのようで、「豪華なアート体験」と、メディアが報じた通りの芸術的な世界観を堪能できる。映画音楽にも影響を受けているかとは思うが、本作の彼女は、70年代のバーブラ・ストライザンドに近いものがある。歌唱をひけらかすことなく、自然体で、ジャンルも超越し、“美しい歌声”を誰しもが確信せざるを得ないほど、シンガーとしての存在感をみせているからだ。

 「サマータイム・サッドネス」のヒットもその影響か、ラナ・デル・レイは夏の終わりが最も似合うシンガーだと思う。物憂げな9月の、秋本番をむかえる時、切なくなるあの瞬間を描くには、この声なくして…というほど、ラナのサウンドとヴォーカルがマッチする。本作も、聴くなら“まさに今”で、この時期にしか味わえない、サウンドと季節の融合をご堪能いただきたい。『ハネムーン』という作品には、それだけの価値がある。

Text: 本家 一成

◎リリース情報
『ハネムーン』
ラナ・デル・レイ
2015/09/25 RELEASE
2,646円(tax incl.)

関連記事リンク(外部サイト)

ラナ・デル・レイ、一部イタリア語で歌い上げる新曲「サルヴァトーレ」を公開
ラナ・デル・レイがニューアルバムから新曲「Music to Watch Boys To」を公開
ラナ・デル・レイ 最新作『ハネムーン』を9/25に日本リリース

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP