体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

海外の国別電圧とコンセント変換プラグの種類・形状一覧

生活・趣味
Photo credit: Rina Kobayashi「20代女子☆マルタ―ドイツ初の一人旅―空の旅編」

Photo credit: Rina Kobayashi「20代女子☆マルタ―ドイツ初の一人旅―空の旅編

こんにちは。TRiPORTライターのkiemiです。
出国前の大事な準備の一つに、コンセントや電圧の確認、変換プラグの用意がありますよね。普段私たちが使う電化製品は、想像以上に多いもの。女性ならヘアアイロンやドライヤーも必需品です。
しかし、確認しなければいけないことが多くて、漠然と難しいと思われている方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、今一度確認したい電圧・プラグ・変圧器の基本知識と、国別の電圧・プラグの情報をまとめてご紹介します!
ひとつひとつ確認しながら、準備の参考にしてみてください。

基本知識

電圧について

日本は世界で最も低い100Vですが、世界には110Vから240Vまでさまざまな電圧が存在します。さらに、同じ国内であっても地域によって電圧が違う国もあります。
日本の電化製品を使う場合は、その電化製品の対応電圧の確認が必要です。海外で使用できるものと変圧器を用意しなければいけないものとがあります。
 
-日本
100V

-海外
110V〜240V
※同じ国内であっても、地域によって電圧が違う国もあります。

対応電圧の確認方法
充電器やアダプターの側面にある表記、またはその電化製品の取扱説明書を確認しましょう。入力100-240Vとなっていれば海外でそのまま使用できます。ただしアダプターとコンセントの間を繋ぐコードがある場合は、アダプターが対応していてもコードが対応していない場合があります。
最近の携帯電話・ノートPC・カメラ・充電式電池などは海外電圧に対応している場合がほとんどです。
使えないものの代表としては、ドライヤーやヘアアイロンがあります。変圧器を用意すれば使用できますが、消費電力量の大きいこれらの製品に対応する変圧器は高額で重さもあるので、新たに海外対応製品を購入することをおすすめします。

プラグについて

日本はAタイプですが、世界には日本と同じAタイプの他に、Cタイプ・Bタイプ・B3タイプ・SEタイプ・BFタイプ・Oタイプがあります。
日本の電化製品をAタイプ以外の国で使う場合、そのままでは差しこめませんので、変換プラグを用意する必要があります。
変換プラグは一つのタイプにだけ対応するものと、組み替えることで全てのタイプに対応できるものとがあります。複数のプラグタイプがある国に行かれる方や周遊旅行をされる方は、後者の変換プラグを用意することをおすすめします。

筆者作成
1 2 3 4次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会