体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スペインで英語は通じる?旅行の前に知りたい慣習・会話術

Photo credit: aitary「情熱プリーズ!好き勝手にスペインひとり旅!【バルセロナ編】」

Photo credit: aitary「情熱プリーズ!好き勝手にスペインひとり旅!【バルセロナ編】

TRiPORTライターのさとりんです。
スペインの言語といえばスペイン語もしくはカスティーリャ語です。スペイン語は世界で4番目に多い国で母国語として使われている言語だと言われています。
わたしは、英語圏の国へ旅行に行くのにも不安でいっぱいですが、スペイン語を公用語とする国に行くのなんてさらにドキドキ! スペインでは英語が通じるの? そんなあなたの疑問を解決します。

スペインについて

スペインはヨーロッパの南西部イベリア半島に位置します。
紀元前3世紀頃から約600年間、イベリア半島はローマ人の支配下に置かれました。その後、ゲルマン民族の一派「西ゴート族」によって西ゴート王国ができましたが、特に現在のスペインに大きな影響を与えたのは、西ゴート族を倒したイスラム教徒達の800年に及ぶ支配です。このことにより、キリスト教の文化ととイスラム教の文化が混じったスペイン独特の混合文化が生まれました。
それから主導権を握ったカスティーリャ王国がイスラム教徒の国であるグラナダ王国を滅ぼし、レコンキスタ(再征服)を完遂、スペイン王国が誕生しました。

このように、古くから様々な民族と文化が入り混じってきたため、スペインは地方や町ごとにそれぞれ色濃い個性を持っています。そして、スペインの建築物や芸術にその歴史を刻み、数多くの世界遺産を保持している国として世界第3位にもなっています。

スペインで英語は通じるか

スペインはヨーロッパの中でも英語の普及率が高くない国ですが、最近は若者を中心として英語を話せる人が増えてきました。また、スペイン経済の悪化により、海外へ仕事を探しに行く人が増えたことも、英語の普及率が上がってきている要因の一つです。
とはいっても、まだまだ英語がすんなりと通じる場所は少なく、片言の方が多いので、スペインでは英語はあまり通じないと思って行かれたほうがよさそうです。

Photo credit: aitary「情熱プリーズ!好き勝手にスペインひとり旅!【バルセロナ編】」

Photo credit: aitary「情熱プリーズ!好き勝手にスペインひとり旅!【バルセロナ編】

■通じる場所
・有名な大都市(マドリッド、バルセロナなど)
・公共施設(観光案内所、警察、駅など。しかし、場所により英語力の差があります。)
・大きなデパート(エル・コルテ・イングレスなど)
・高級レストランや比較的大きめのレストラン・ホテル(目安としては3つ星ホテル以上)例:カールトンホテル
・私立病院
・お土産屋さん
・旅行代理店
・ユースホステル(ゲストハウス)
■通じない場所
・田舎
・バル(酒場、居酒屋、軽食喫茶店のような場所)
・ローカル向けの小売店、雑貨店

標識、メニューなどの表記

標識
英語で書かれた道路標識やメトロの案内はほぼありません。しかし、交通機関で使う単語はだいたい決まっているので、関連する単語を覚えていく、もしくはメモしておきましょう。
また、道路標識に関してはスペインは欧州方式の標識であるため、視認性と識別性と国際性に優れた標識になっているので、わかりやすいです。

1 2 3 4 5次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。