ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

第28回東京国際映画祭のラインアップ発表会に竹内結子らが出席

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


10月22日(木)から31日(土)にかけて開催される第28回東京国際映画祭に先駆け、本日、東京・六本木にてラインアップ発表会が行われた。

本年の総合司会を務める羽鳥慎一アナウンサー、西尾由佳理アナウンサーを迎え、各部門のラインアップや見所を紹介、さらに今回フェスティバルナビゲーターを務める季葉(きわ)、野村雅夫の2名が登壇し、各種イベントの魅力を伝えた。

発表会には86か国、1409本もの応募の中から審査を通過したコンペティション部門にて見事に作品がノミネートされた3名の日本人監督、小栗康平監督(『FOUJITA』)、中村義洋監督(『残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―』)、深田晃司監督(『さようなら』)も登壇。また、『残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―』に出演する竹内結子も会場に駆け付けた。


竹内は「私は、映画祭というくらいだから、是非いろんな人にお祭りとして楽しんでもらいたいなと思っています。(賞の結果よりも)レッドカーペットでドレスを着て、転ばないかが心配ですね」と話して会場を笑わせた。

なお、コンペティション部門の作品選びの基準について、矢田部プログラミング・ディレクターは、「毎年変わらないことなのですが、“監督の個性”を一番重視しています。なるべく多くの地域、ジャンルから選ぶというのも意識しています。特に今年に関しては、かなり多くの地域、ジャンルをカバーできたのではと。映画を観て“世界”を知る、これが映画祭の役割でもあるからです」とコメントしている。

オープニングイベントではオープニング作品『ザ・ウォーク』のロバート・ゼメキス監督、クロージング作品『起終点駅 ターミナル』に出演する佐藤浩市、本田翼の参加も予定している。

特別招待作品と来日ゲストは以下の通り。

『ザ・ウォーク』/ロバート・ゼメキス監督
『黄金のアデーレ 名画の帰還』/サイモン・カーティス監督、ヘレン・ミレン
『ディーン、君がいた瞬間とき』/アントン・コービン監督
『シーズンズ 2万年の地球旅行』/ジャック・ぺラン監督、ジャック・クルーゾ監督
『サヨナラの代わりに』/ヒラリー・スワンク
『エベレスト 3D』/バルタザール・コルマウクル監督

第28回東京国際映画祭公式サイト
www.tiff-jp.net

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP