体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

石原慎太郎×田原総一朗(1) 「国の官僚はバカだから、地方の成功をマネしない」

ニコニコ動画の討論番組に出演した石原慎太郎東京都知事

 石原慎太郎・東京都知事がニコニコ動画の討論番組に初めて出演した。新番組『田原総一朗 談論爆発!』の第1回ゲストとして2011年5月17日、ニコニコ生放送のスタジオに登場。歯に衣きせぬ発言で物議をかもしてきた石原氏らしく、その口からは「バカ」という言葉が何度も出た。最初に批判の対象になったのは、霞が関の官僚だった。石原氏によると、「国の官僚はバカだから、地方で成功したことは絶対にマネしない」のだという。

 以下、番組での石原氏と田原氏のやりとりを全文、書き起こして紹介する。話は霞が関批判から始まり、税制を変えた元首相への不満、自民党への苦言と展開していく――

アシスタント: この番組は、常にジャーナリズムの第一線に立ち続ける田原総一朗さんに、ゲストの方と徹底討論してもらう。記念すべき1回目のゲストは、先月行われた都知事選で4度目の当選を果たした石原慎太郎東京都知事。

石原慎太郎東京都知事(以下、石原): よろしく。

田原総一朗氏(以下、田原): この人は、日本で一番難しい人。誰かまわず怒るから。

アシスタント: 今日は番組の視聴者からのメールを受け付ける。

石原: つまらないメールは出すなよ。

田原: 石原さんよろしく。石原さんは都知事選に出ないと思ったのに、どうして出たのか。

石原: 僕は150%出るつもりはなかった。災害(東日本大震災)が起こる前で、なかなか日本もやっかいな時代になってきたが、東京は東京で私なりに仕事をしたつもりだった。国がマネをしてほしいこともやったが、国の官僚というのはバカだから、変なプライドがあって、地方で成功したことは絶対にマネしない。

田原: たとえばどんなことがあるのか。

石原: 会計制度を変えた。日本の周辺で、日本のようなバカな会計制度をやっているのは、北朝鮮とフィリピンとパプアニューギニアだけ。

田原: どういう会計制度なのか。

石原: まったく発生主義の複式簿記。公会計制度はちょっと違い、企業の持っている資産と国が持っているのと、地方自治体が持っているのと・・・たとえば東京には地下鉄があるが、最初に渋谷から浅草までできたのが、当然償却していることになっているが、価値がある。退避壕になったりと。それから高速道路も補修しているので、帳面のうえで償却が済んでいても、それをどういう計上にするのかは、なかなか難しい。いずれにしろ、単式簿記というものは繰り越しができないので、年度末、2月3月にはやたらと工事をする。あんなバカなことをやっている国はない。

田原: 3月までにいっぱい金を使わないと、(予算が)なくなってしまう。

石原: そう。大蔵省がお金を出してくれなくなる。

田原: 財務省が。

石原: 今は財務省か。なんだか知らないが行き当たりばったり。僕が一番怒ったのは自民党もダメなのだが、福田内閣のとき・・・福田内閣というのは(福田赳夫氏ではなく)息子のバカ内閣のこと。

田原: 福田康夫。

石原: 康夫。どうにもならない。

田原: 親父(赳夫氏)はいいけど、息子はバカだと。

笑顔で答える石原都知事

石原: 何も知らない。北京オリンピックのとき元首の席に座っていて、自分の国の選手団が入場したときどの代表も立ち上がって手を振るのに、手を振らなかったのはあいつと北朝鮮の代表だけ。奥さんは手を振ってたが。あとで(当時の福田総理を)怒った。それでなんと言ったかと思えば(選手団に)「せいぜいがんばってくれ」と言ったと。辞書を引けば、「せいぜい」も「うーんと」という意味かも知れないが、日常会話で「せいぜい」といえば「ダメだろう」と(いう意味)。

1 2 3次のページ
ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会