ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オシャレな1枚のカラクリを暴露?Instagram“リア充写真の作り方”が面白い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“オシャレなSNS”と言われて多くの人が真っ先に思いつくのが、「Instagram(インスタグラム)」。

モデルや女優、セレブなど多くの著名人も使っていて、そのファッションや華麗な日常を写真で公開している。

タイのバンコクに住むフォトグラファーChompoo Baritoneさんは、インスタグラムのタイムラインを日々賑わせる“オシャレなリア充写真”の外側をユーモラスに表現している。

例えばこちら。

ワンプレートの食事と、その下には“オシャレの代名詞”ともいえるライフスタイル誌「KINFOLK」がさりげなく置かれた、素敵な朝の1コマ。

と思いきや…フレームの外側には食べかけの即席めんや冷凍食品に、お行儀の悪いニャンコ。

撮影するために、必至で周りに物をよけたのかもしれない。

こちらはベランダでの1コマ。

丁寧に手入れされたグリーンが、DIY風のウッドシェルフに並べられている。

しかし、フレームの外には伸び放題の植物やビニール袋、モップなど散らかり放題。

さらに、ベランダの外には視界を覆うグリーンネットが…ゴルフの打ちっぱなしだろうか?これまた残念で、“オシャレな生活”とは程遠い。

ほかにも、皮肉たっぷりの作品が満載だ。

「こういう人っているよね」と笑えるが、意外とあなたもこんな“小細工”をした経験があるのでは?

みんなの“小さな努力”を逆手にとってネタに変えた、愛すべきフォト作品だ。

Facebook
https://www.facebook.com/chompoo.baritone?fref=photo

写真(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP