ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『KENDAMA THE JAPAN(たこ焼き/開運/歌舞伎/忍者/舞妓)』ユーモラスなデザインのけん玉!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

戸時代から日本の庶民の遊びとして親しまれている民芸玩具の一つけん玉。それが、1970年代後半には競技用として普及し、スポーツとしても地位を確立。さらに2010年頃にアメリカの若者が日本土産のけん玉でヒップホップのリズムに合わせてパフォーマンスしたYouTube動画が評判になったところから「KENDAMA」として海外でも人気を博している。株式会社パンクス(大阪府大阪市)はそんな流れでユーモラスでデザイン性の高い『KENDAMA THE JAPAN(たこ焼き/開運/歌舞伎/忍者/舞妓)』(木製:高さ18cm×横幅7cm×奥行6cm・対象年齢6歳以上・参考価格 税抜2350円・発売中)を発表した。

 

ちなみにけん玉の一番大きな玉を乗せる部分を大皿、その反対側を小皿、グリップ底部にある皿を中皿という。尖った先端部はけん先と呼ぶ。技には♪もしもし亀よ〜 と歌いながらリズミカルに中皿と大皿に乗せていくものを筆頭に数限りなくある。そのひとつとして、小皿→大皿→中皿→けん先と乗せていく「世界一周」がある。だいたいそこら辺で飽きが来て、部屋の片隅に追いやられるのが通常のけん玉の運命だろう。

その他の技について、詳しくは「日本けん玉協会」のサイトを参考にしてもらいたい。

まあ、この『KENDAMA THE JAPAN(たこ焼き/開運/歌舞伎/忍者/舞妓)』の魅力のツボは恐らくそこではない。特徴はやはり玉部分のデザイン。聞こえよく言えばクールジャパンなイメージのスタイリングに秘められた面白アイデアデザイン。日本のデザインを見事にかっこよくけん玉にまとめ上げた。

 

たこ焼き TAKOYAKI KENDAMA

中でも一番一発芸要素が高いのがこれ。日本の中でも大阪を代表するジャンクフードの代表格・たこ焼きをけん玉にするとは画期的。本物とは違ってつやつやした表面のたこ焼きは、けん先にプスッと刺さると非常に達成感がある。グリップ下部にタコのイラストが描かれているのが、芸が細かい。

 

開運 KAIUN KENDAMA

開運といえばだるま。もちろん真ん丸になってはいるけれど、それなりに遊んでいてご利益があるような気がしてくるから不思議だ。おめでたい紅白のカラーリングはオブジェとしても魅力的。普段から飾っておいて、思い出したように遊ぶのがいいだろう。片目がまだ入っていない状態というのも芸が細かい。

ちなみに玉部分に「必勝」、グリップ下部には「開運」の二文字が。受験生のお守りとしても良いかもしれない。

 

歌舞伎 KABUKI KENDAMA

デザイン的に一番インパクトがあるのがこれ。外国人が一番喜びそう。白地にくっきりとした歌舞伎メイクを施した顔面が、あちらこちらに跳びまわる様は実にシュール。記者はこれが一番気に入った。グリップ下部には「歌舞伎」の文字。ゴールデンボンバーの樽美酒研二ファンにも好まれそう。

 

忍者 NINJA KENDAMA

外国人人気の高い忍者モデル。顔つきが若干アメリカン・カートゥーンな感じもしなくはないが、黒で統一されたデザインはクール。グリップ下部は忍者全身のシルエットが描かれている。

 

舞妓 MAIKO KENDAMA

京の都を代表する舞妓をモデルにした、シリーズの中では一番女性向けなモデル。大皿小皿部分がほんのりピンク色で、古都情緒あふれる顔つきはこけし的でもあるので、インテリアにもいい。グリップ下部には舞妓さん全身のシルエットが描かれている。

さて実際に遊んでみる。木製ではあるのだけれど、いわゆる民芸品店にある木の質感を前面に押し出したタイプではない。きっちり塗装された表面は漆塗りのようにツヤツヤで、反発力も強く感じる。紐はナイロン製で絡みにくくなっている。

 

したがって慣れるまでは跳ね返りが強く、なかなか皿に乗りにくかった。それでも何回ともなくチャレンジしていくと次第に出来るように。けん先にスポッと入った時にはかなりの満足度を得ることが出来た。

実際にけん玉を久々にやってみると膝を曲げつつチャレンジするので、意外と疲れる。確かにこれはスポーツの一種なのかもしれない。ただ勉強や仕事の息抜きに飾っておいた『KENDAMA THE JAPAN(たこ焼き/開運/歌舞伎/忍者/舞妓)』をサッと取り、ひとしきり遊ぶのは最高の気分転換になる。

そして何より、デスクサイドでもリビングでも、見えるところに飾っておいて楽しいオブジェとしての魅力があるのが最高。もちろん子どもでも楽しめるのだが、大人のためのユーモアあふれるオブジェ兼玩具だと感じた。外国人が帰国する際のお土産に持たせるのもとても喜ばれるだろう。

 

ちなみに今回は「KENDAMA THE JAPAN」シリーズを紹介したが、今後サッカーボールやバスケットボールを模した玉デザインのTHE SPORTSシリーズ(参考価格税抜2900円)も10月に登場予定。驚くのは、究極の高級バージョンTHE HIGH CLASSシリーズ「会津塗」(参考価格税抜50000円)「輪島塗」(参考価格税抜95000円)も11月に登場するということ。もはや玩具の価格帯ではない。

さらにお手軽なペンにけん玉チャームの付いたTHE CHARM PEN(参考価格税抜1200円)、けん玉としても遊べる面白ペン、THE KENDAMA PEN(参考価格税抜50000円)などのスピンアウトシリーズも10月発売予定。けん玉ファンにとっては楽しみに違いない。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
おためし新商品ナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP