ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホでできることがテレビでできる。「Android TV」登場!!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

テレビにインターネットを接続したら、そりゃあ便利なはず。でも、Apple TVとかChromecastとか、似たようなハードやサービスがたくさんあって、少し混乱気味。そんなところにもってきて、今度はAndroid TVなるものが登場した。


Android TVを搭載したソニーのブラビア®『KJ-50W870C』(50V型)

Android TVとは、Googleが提供するTV向けのプラットフォームのこと。いわば、「Androidスマートフォンでできることを、テレビでもできるようにする」ためのデバイスだ。家庭のテレビで、YouTubeなどインターネット配信されている映像が楽しめるのはもちろん、Huluをはじめとしたオンデマンド動画配信サービスの映像も、テレビ上で決済手続きをしてそのまま見られる。また、Google Playのゲームをテレビに直接ダウンロードして、テレビの大画面で遊ぶこともできる。ちなみに、Google TVはAndroid TVのご先祖様。2010年に鳴り物入りで登場したが、普及には至らなかった。

あなたがAndroid TVを使ってみようと思うなら、方法は2つ。ひとつは、Google Playなどで販売している「Nexus Player」を購入して自分のテレビに接続すること。Nexus PlayerはAndroid TVを搭載した円盤型の機器で、サイズはCDのディスク程度。どんなテレビもこの機器を接続すれば、Android TVを楽しむことができる。もうひとつは、Android TVを搭載したテレビを買うこと。国内では、今年7月にソニーが発売を開始した。

テレビの前にある小さな円盤形のハードがNexus Player(画像提供:Google)

さて、GoogleではChromecastという小型端末を2013年に発売した。Android TVがTV画面上ですべての操作が完結するのと異なり、ChromecastはAndroidスマートフォンを通じて操作しなければならない(Android TVもスマートフォンをリモコン代わりに操作することはできる)

TVらしい操作で、TV以上のことができるようになるAndroid TV。家庭のTV視聴スタイルを大きく変えてしまうのだろうか。

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP