ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ついに、ガン検診に「昆虫」を使う時代がやってきた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

なんとも不思議な見た目の透明な器ですが、実はこれ「ガン発見器」なんです。2013年のDutch Design Weekにも出展されていたもので、中に息を吹き込んだ後のハチの動きでガンかどうかを判断できる仕組み。

どうやらハチには探知犬以上に敏感な嗅覚が備わっており、空中に飛散する分子を認識できるほどなのだとか。

ハチの動きで
病気をチェック!



もし呼気に特定の臭気が含まれていれば、その匂いをたどってハチは小さな部屋へと移動していきます。

ハチには砂糖と水を使って10分ほどトレーニングを行い、特定の病状の臭気の方向へと飛んでいけばご馳走がもらえる、と覚えさせるだけ。一度覚えれば一生忘れないのだそう。アナログな方法ですが、早期段階で様々な病気を検知できます。

たとえば、肺結核や、肺ガン、皮膚ガン、糖尿病などがわかり、電気を使用せず自然な方法で検知ができるので、途上国からの問い合わせも多いのだとか。

開発したのはポルトガルのデザイナー、Susana Soares氏。カーブしている不思議な形状にも意味があり、誤ってハチを誘い込んでしまわないように計算された結果だと彼女は説明しています。

近年は短時間・低コストで病気が検知できる方法が数多く開発されていますが、昆虫を使用した方法とは斬新です!

Licensed material used with permission by Susana Soares

関連記事リンク(外部サイト)

ガン患者を救う!?「ゆで卵を生卵に戻す」ことに成功!
オランダでは、植物から電力を生み出している!?まったく新しい自然エネルギーに注目!
ガソリン不要!スマホより短い充電時間で、60km走れる「スマートスクーター」が登場

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。