ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

"How are you?" への返事でコミュニケーションは劇的に変わる!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


※本記事はDMM英会話ブログより転載・編集した記事です

こんにちは、まいるす・ゑびすです。

「はろー、はうあーゆー?」

英語の会話はすべてここから始まるとのイメージをお持ちの方も結構いらっしゃるでしょう。事実、フレーズやニュアンスなどは違えど、多くの英語の会話は "How are you?" でスタートします。英語という言語でコミュニケーションを取り続ける限り、この質問にまず答えなくてはならないということは、ひとつの試練のようなものなのです。

しかしながら、ここで "Fine, thank you. And you?" と答えてしまうのはあまりにも中学英語的で味気がありません。会話の相手に対する第一印象を決めかねない最初の言葉にも関わらず、自分自身の個性を発揮しようとしないというのも極めて日本人的な発想ではないでしょうか。

少なくとも英語ネイティブの人に "How are you?" と聞いて、 "Fine, thank you. And you?" なんて答えが返ってくることはまずありません。

"Fine, thank you. And you?" にネイティブが抱くイメージ


ただ、"Fine, thank you. And you?"と返ってくる可能性がゼロというわけではありません

あくまでも例えばですが、1940年代くらいのアメリカに舞台を移しましょう。あなたはカンザス州の小さな農村で暮らす40代の紳士です。人口2,500人くらいのこの町ではほとんどの人が顔見知りです。そして、あなたはコネチカット州に住む従兄弟にクリスマスカードを送るために郵便局にいます。切手を買うため順番に椅子に腰掛けて待っていると、年上の男性に声をかけられます。あなたはその茶色いスーツを身にまとった姿勢の良い老人が、かつて自分が大好きだった小学校の先生であることに気が付きます。

"Hello, Matthew. How are you?"と彼はあなたに言います。彼と会うのは前回の小学校の同窓会以来なので、十年ぶりくらいでしょうか。あなた自身の健康状態は、おおむね良好です。実は細かいことを言うとあれこれと問題はあるのですが、相手を無駄に心配させるべきではないという気持ちもあり、あなたは恩師の目を見ながら言います。

I’m fine. Thank you. And you?

このような時代背景やシーン設定であれば、この返事はおそらく至って自然でしょう。しかしながら、2015年という我々が生きている現代においては、少し時代劇っぽいというか、古くさいというか、はっきり言ってしまうとダサい……という印象を受けてしまうのです。

"How are you?"にはどのように返事すべきなのか

"Fine, thank you. And you?" という表現は現代社会でめったに遭遇することはありませんが、 "How are you?" というフレーズはわりと頻繁に耳にします。あまりくだけすぎず、だからと言ってアンティーク調でもない返事が望ましいところです。

そもそも "How are you?" は「お元気ですか?」と訳されることがほとんどですが、それは日本語において適切な訳出がなく、苦肉の策の結果です。あくまで直訳すると「あなたはどんな状態ですか?」という質問なので、「元気かどうかだけを尋ねている質問ではない」ということを大前提として知っておかなければなりません。

まずは、"I’m …"と答えを始めるのがベストです。そして、そのあとに、今日の健康状態や精神状態、人間関係、職場での評価、恋愛状況などを総合的に考慮し、今の自身の状態を的確に相手に伝えられる単語を選びましょう。ちなみに、 "Fine, thank you." のように、"I’m"は省略することが可能です。

また、 "I’m feeling…" または "I feel" を用いて、 "I’m feeling groovy today.(今日はグルービーな気持ちなんだよ。)" や "I feel great today.(今日はいい気分だぜ。)" といったように表現することもできます。

具体的な返事のパターンを以下にまとめて整理してみましょう。

"How are you?"への正しい返事パターンまとめ

最も無難な返事

I’m good.(調子良いよ)
I’m all right.(まぁまぁだね)
Not bad.(悪くない)

絶好調のときの返事

I’m excellent.(最高だよ。)
I’m awesome.(絶好調だね。)

未だかつてなく絶好調のときの返事

Better than ever.(いまだかつてないくらい最高だよ。)
Never been better.(こんなに最高なのは初めてだ。)

いまいちな気分のときの返事

I’m okay.(まぁ、大丈夫だよ。)
Could be better.(もっと良くなれる感じかな。)
I don’t feel well.(あんまりいい気分じゃないんだ。)
I am very sleepy.(とても眠いんだよ。)
I’ve felt worse.(もっとひどい時も過去にはあったかな。)

日本人は"so so""okay"などを使いがちですが、どちらかというと後ろ向きな表現として相手に取られてしまいます。悪くない気分の時は"good"や"great"など、明らかにポジティブな言葉を選ぶほうが良いでしょう。

"How are you?"に返事をしたあとはどうすればいいのか

"How are you?"に返事をしたからといって、人と人との会話はそこで終わるものではありません。会話を続けようという意思があるのであれば、返事のあとに何かしらを付け加えることが必要です。

最も簡単な会話の続け方としては以下の二通りを覚えておきましょう。

1. "but"で続ける方法

I’m good, but it’s getting cold.(元気だけど、ちょっと寒くなってきたよね。)
I feel good, but I’m hungry now.(元気だけど、お腹が空いているんだ。)
I’m all right, but it’s raining.(元気だけど、雨だね。)

2. "because"で続ける方法

I’m good because I just got promoted.
(いい気分だよ、だって昇進が決まったんだ。)

I’m feeling good because I just had a really good lunch.
(いい気分だよ。とてもおいしいランチを食べて来たばかりなんだ。)

I’m good because I’m going on a date tonight.
(いい気分だよ。今夜はデートの約束があるんだ。)

I’m extremely depressed because my girlfriend wants to break up with me.
(究極に落ち込んでいるんだ。彼女が俺と別れたいんだって。)

さいごに

"How are you?" に対する一言の返事でも、 "but" や "because" を付け加えれば、会話に幅を持たせることができるということが、分かっていただけたのではないかと思います。

結局、相手とどこまでコミュニケーションしたいかは自分のさじ加減で決まるので、居心地の良い距離感を保ちながら会話を楽しんでみてください

最後に、相手に同じ質問を返す際の"and you?"

What about you?
How about you?

というフレーズにも置き換えられるので、こちらも一緒に覚えておきましょう。

え、僕の今の気持ちですか?

I feel great because I just finished writing this article. Thanks for asking.
How about you?

(この記事を書き終えたからとてもいい気分ですよ。聞いてくれてありがとう。
あなたはどうですか?)

表現の幅を広げるには、会話の場数を踏むこと!
>>>DMM英会話無料体験レッスンを受ける<<<


Plluto担当うららのひと言
「I’m fine, thank you. And you?」ってちょっとダサかったんですね! たしかに日本人はこのフレーズがおなじみの型になっているような気がします……。
これからは「Better than ever.」あたりを使っていきたいなあ。毎日元気にいきたいですね!

>元記事を読む

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
LIGの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP