ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ラズウェル細木さん カツカレーの上手な食べ方について語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「カレー」と「とんかつ」と言えば、どちらも嫌いな人を探すのが難しい日本の国民食だが、それを合わせてしまったのがご存知「カツカレー」。どうしてカツカレーはあんなにも人を魅了してしまうのか? 『酒のほそ道』(日本文芸社刊)、『う』(講談社刊)など酒と食に通じた作品を多数発表している漫画家のラズウェル細木さんが、カツカレーの魅力を熱く語る。

 * * *
 カツカレーって、本当に不思議。カレーもカツも単品だと「普段の食べ物」なのに、合わさると一気にご馳走になる。「ハレの食べ物」だって気がしますよね。小学校高学年の頃、地元の山形県米沢市のレストランで目を輝かせて食べたのが初めてでした。「こんな高級なもの、食べていいの?」ってくらいの気持ち。だからなのか、カツカレーを目の前にすると、あの頃のワクワク感が甦ってくるんです。

 早稲田大学に通っていた頃の『三品食堂』という店も忘れられない。その店ではカツ、カレー、牛めしの3つを組み合わせた『ミックス』というメニューを出すんですが、これが貧乏学生だった僕の憧れでした。500円くらいだったかな、ちょっとお金が入ると食べにいって、本当に幸せな気持ちになれた。

 あとで「止めとけばよかった」って後悔するのはわかってるのに。それほど魅力がある。カツカレーが食べたいって思えるかどうかは、もしかしたら「男の元気のバロメーター」かもしれません。

 一方で、カツカレーは失敗したくないときの“保険”という一面もある。海の家、スキー場、イベント会場など、「たいして美味しいものは食べられないだろう」って諦めている場所でも、一定以上の満足感が得られる(笑い)。カツが冷えてても、カレーがイマイチでも、それなりに楽しめる。男にとって「高嶺の花」でもあり、「安心できる女房」でもあるんだから、そりゃ魅力的ですよ。

 だけど、カツカレーを上手に食べるのって、実はとても難しい。別に気の向くままに食べりゃいいって話なんですが、どうしてもこだわってしまうんです。カレー、カツ、ご飯の3つのバランスを調整しながら食べないとって。

 最低なのは、ご飯が先になくなること。カツだけ残ると、凄く間抜けな感じがしちゃう。カツもご飯もピッタリに食べ終わることができるよう、もの凄く気を遣います。福神漬けを食べるタイミングも考えなきゃいけないし(笑い)。

 そうそう、もうひとつ重要な問題が、「カツにとんかつソースをかけるのか」ということ。店によっては、別にソースを持ってきてくれるところもありますが、これがちょっと嬉しい。カレーがかかっていない部分にソースをかけることで、味が変わって2度楽しめる。自分から積極的にソースをリクエストすることはないけど、あったら嬉しいって存在ですね。

 僕の理想のカツカレーは、「チキンとポークとビーフの3種類のカツをちょっとずつ食べられるカツカレー」かな。そんなメニューがあったら、少々高くても絶対頼んでしまいますね。

 カツカレーは僕にとって「究極のガッツリ飯」。食べ終わって「やってしまった……」と反省することはあっても、「食べ足りない」と後悔することはない。だから結局、また頼んでしまうんです

※週刊ポスト2015年10月9日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
PA内ココイチ名物 ロースカツと海老フライのKabuto カレー丼
銀座の洋食店 メニューにないのにカツカレー頼む常連客多い
ルーは摂氏1℃、ライスは3℃ 築地の絶品冷やしカレー

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP