ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

6年間フルーツしか食べない男「宗教対立も避けられる摂取法」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 フルーツ研究家を自称する中野瑞樹氏(39歳)は、9月1日にテレビ『マツコの知らない世界』(TBS系)で「6年間フルーツしか食べずに生きている男」として紹介され、食生活が「衝撃的すぎる」と話題を呼んだ。

 フルーツ食を始めてから風邪もひいたことがないと話す中野氏だが、本当なのか。本誌記者が中野氏の自宅を直撃した。

 まず台所に足を踏み入れるや、記者は違和感を覚えた。どの家の台所にもあるはずのものが、ないのである。

「うちにはガスコンロも電子レンジもポットも、炊飯器もありません。フルーツを食べている分には加熱調理は必要ないし、お茶も飲みませんから。資源を使わない、環境に優しい食生活です」

 そういいながら用意してくれたのは、彼がいつも食べているという「フルーツ丼」だった。

 材料は季節によって変わるそうで、この日の具材はリンゴ、レモン、栗、アボカド、トマト、ピーマン、オクラ、そして「キワノ」というフィリピン産の珍しい果物。そこにスイカとメロンの皮の糠漬けが添えられる。

 ピーマンやオクラもフルーツなのか? との疑問が湧くが、中野氏の定義ではフルーツとは「植物の果実」ということらしい。

「食べてみてください」といわれて出されたフルーツ丼は、見た目は非常にカラフルでキレイだが、試食してみると甘いようなしょっぱいようななんとも微妙な味。

 記者が正直に「まずくはないけど、おいしくもない」と伝えると、中野氏は「そうでしょう。狙ってそういう味付けにしているんですよ」としたり顔で頷いた。

「単純にフルーツだけを食べていると、塩分が欲しくなる。そこで果物の皮の糠漬け、あとはコショウやトウガラシで甘さとしょっぱさのバランスをとっています」(中野氏)

 糠漬けにするのは、フルーツだけではどうしても塩分が摂取できないからだそうで、一応、栄養には気を遣っているようだ。

 だが、栄養学の専門家はこの食生活をどう評価するのか。予防医学に詳しい京都府立医科大学特任教授・宇山恵子氏は語る。

「通常、フルーツしか食べないと、たんぱく質や脂質が不足し、ビタミンにも偏りが出て健康を害しますが、中野さんの場合、数多くの種類のフルーツを食べているので問題が出ていないのでしょう。

 ただし、ある特定の種類のものしか食べない食生活を続けていると、精神的なストレスがたまり、心身のバランスを崩して病気になることが多い。中野さんのように“すごい信念”があれば、別なのかもしれませんが……」

 友人や知人からは「死ぬぞ」「何かあったら親不孝だ」と警告され、味方であるはずのフルーツ業界の人からも「君が倒れたらフルーツのイメージが逆に悪くなる」と、あまりよく思われていないという中野氏。なのに、なぜそれほどまでにフルーツ生活にこだわるのか。

「発展途上国では質の悪い水を飲んで下痢を起こしたり、栄養失調で死んでしまう子供が多い。フルーツは栄養と水の両方の問題を解決します。また有名な宗教でフルーツの摂取が禁じられているという話は聞いたことがないので、フルーツを食べていれば宗教対立も避けられる。私はフルーツを通じて世界を平和にしたいんです」

 なんとも大きな夢を真顔で語る中野氏。聞けば、フルーツ生活を始めてからすね毛が完全に消え、体臭もほとんどなくなったという。健康診断で異常がなくても、別の意味で「大丈夫か?」と思うのは、記者だけだろうか……。

※週刊ポスト2015年10月9日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
6年間果物しか食べない男性 始めて以降は風邪ひいたことなし
冷凍果物だけで作れる世界100万台突破のデザートメーカー
“伝説のホットケーキ”を再現したスイーツ女子の新たな聖地

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP