ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「洞窟おじさん」加村一馬さんとリリー・フランキー対談実現

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 10月1日に話題のドラマ『洞窟おじさん』が放映される。原作となった文庫版『洞窟オジさん』(小学館)も話題だ。洞窟オジさんのモデルとなった加村一馬さん(69才)とドラマで主演を務めたリリー・フランキー(51才)のスペシャル対談が実現した。

 両親の虐待から逃れるために、愛犬・シロとともに家を出た13才の少年は43年もの間、足尾銅山の洞窟や川べりでサバイバル生活を続けた。人とのかかわりを避け、ヘビやイノシシ、魚などを捕まえて飢えをしのいで…。

 現在、群馬県にある自立支援施設に暮らしている加村一馬さんの壮絶な生涯を描いたドラマ『洞窟おじさん』(NHK BSプレミアム)。7月20日に放送され大きな話題を呼んだ2時間版に続いて、10月1日からは全4話の完全版(毎週木曜夜9時スタート)が放送される。

 それに先立ち、行われた加村さんと主演を務めるリリー・フランキー(51才)の対談。実はこのふたり、この日が初対面なのだという。

 * * *

リリー:こうしてお会いするのは初めてなんですが、やっぱり親近感がありますね。監督もおっしゃっていましたが、顔が似てるんです。帽子が好きなのも一緒だし。

加村さん:いやあ、すごい人が来てくれた。最初に名前を聞いた時は外国の人かなと思ったけど(笑い)。

〈『洞窟おじさん』というタイトルを気に入って、すぐに出演を決めたリリー。しかし、撮影は想像以上にハードなものだったという。〉

リリー:加村さんのワイルドな人生を再現しなければならないので、どうしても肉体を酷使することになりましたね。格闘シーンもあるし、走るし、脱ぐし…。NHKのドラマでこんなケツまで出すことがあるのかなって(笑い)。

加村さん:実際にそんな毎日だったしな。イノシシを捕まえたり、川に飛び込んで魚を捕ったり。群馬から福島、新潟まで山を歩いたよ。毎日の食べ物を探すことに必死だったんだな。

リリー:加村さんは13才で家出をするとき、調味料を持って行ったところからして、サバイバルの才能があるんでしょうね。

加村さん:家が貧乏だったから、小さい頃から川をせき止めて魚をとったり、カブトムシの幼虫を手で割って焼いて食べたりしてたのよ。

リリー:ぼくも家が田舎でしたから、山で遊んでましたね。小刀を持って、竹の子やアケビを採ったり。ヘビやカエルは平気でしたけど、魚は苦手でしたね。撮影で鯉を掴むシーンがあったんですが、あれは嫌でしたね。

〈13才で家を出た加村さんは、以来、人とのかかわりを徹底して避けた。親から受けた虐待のせいだった。〉

リリー:家を出るとき、もう帰れないという覚悟があったんですか?

加村さん:小さい頃に、うんと親からいじめられてたから。今でも頭の中に残ってる。ロープで墓石に括られて、頭に雪が積もってもそのままにされて…。だから、絶対に誰にも見つかったらいけないと思ったの。

リリー:荒野での生活をやめてから、ご両親のお墓参りに行くシーンがありますが、その時もご両親が亡くなった悲しみというよりも…。

加村さん:おれは行きたくなかった。やっぱりいじめられていた時の記憶が甦るほうが大きかった。

リリー:ドラマで走るシーンが多かったのは、加村さんが両親からも世間からも逃げなければならなかったことが大きかったように思います。

※女性セブン2015年10月8日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ドラマ化の『洞窟おじさん』 社会復帰までの11年を振り返る
相武紗季 ノースリーブのドレスに身を包んだその麗しき美貌
ベアトップ姿の矢田亜希子32歳 “魅せる瞳”を撮り下ろし

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP