ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

尼崎市や呉市など減塩給食を実施 草津市はレベルアップに成功

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 男性は1日11.3g、女性は1日9.6g、これは国際比較でもかなり多い塩分摂取量だ。減塩大国・イギリスでは2025年に1日3gを目指すという。そんな中、塩分摂りすぎに悩む日本の各地では、減塩運動や地元の知恵で減塩と真剣に向き合っている。

 減塩給食を実施する自治体には、兵庫県尼崎市や広島県呉市などがあるが、今年4月から全13の市立小学校の減塩給食のレベルを上げたのが滋賀県草津市だ。

「1食2.5gだったのを2.2~2.4gへ減塩しました。食べ残しも少なく順調です」(同県・給食センター長・青野泰代さん)

 子供の頃からうす味に慣れる食育とともに、家庭に波及して地域の減塩が進むことを期待しての取り組み。メニューには、ワカサギや牛肉など滋賀の地元食材も登場する。

 奈良県は子育て世代の親などに減塩の大切さを直接訴える“減塩ツール”を開発した。「適塩」をキーワードに減塩紙芝居や減塩リーフレット、減塩ソング、減塩教室、減塩元気フェスタなどで楽しく減塩の必要性をアピール。県の減塩キャラクター「げんえもん」もかわいくユニークだ。

 香川県といえば、讃岐うどんが名物でソウルフードのうどん県。県調べによると県民が年間消費するうどんの量は1人当たり平均200玉以上。

 塩入りのうどんと麺つゆをこんなに食せば高血圧が心配だが、意外にも高血圧患者数は全国で最も少ない。その理由は、瀬戸内産のいりこだしを使って料理する家庭が多く、そのおかげでうどんつゆの塩分量が抑えられているため。いりこだしのつゆはみそ汁やおひたしにも使え、総じて減塩に一役買っている。

 第一回の減塩サミットも開催された広島県呉市は、全国屈指の減塩の街だ。というのも地元の高血圧専門医・日下美穂さんの働きかけで、2008年から外食でも塩分2~3gのおいしい減塩メニューが楽しめる飲食店が街中に充実。

 また、呉市の特定健診では尿検査で推定食塩摂取量を算出し「見える化」も推進中。

 険しい山地に阻まれ交通の便が悪く、保存のきく塩蔵品等の摂取が多いほか、お酒を好む土地柄で、心疾患の死亡率が全国トップクラスの高知県。日本心臓財団等と8月に共同開発した心臓にやさしい「ハートレシピ」が注目を集めている。

 現在、「めざせ!減塩スター 減塩プロジェクト」という減塩運動を地元スーパー・飲食店と協働で展開中。

※女性セブン2015年10月8日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
英国は1日の塩分総摂取量を3gに引き下げ 日本は10g程度の状態
食塩摂取量1位の岩手県 減塩のため味噌汁突撃家庭訪問も実施
「減塩調味料は物足りなく使いすぎてしまうのでは?」は誤解

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP