ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これは見たいぞ!あの人気映画「超高速!参勤交代」がリターンズとして帰ってくる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

本木克英氏が監督、土橋章宏氏が脚本。そして佐々木蔵之介 主演で人気映画となった「超高速!参勤交代」の続編タイトルが決まり「超高速!参勤交代 リターンズ」というタイトルであることが発表されました。

映画、超高速!参勤交代は江戸時代 8代将軍・徳川吉宗 治世下の享保20年が舞台のエンターテインメント時代劇。老中・松平信祝の無理難題とも言える参勤交代の命に、佐々木蔵之介演じる磐城国の湯長谷藩の藩主・内藤政醇が家臣とともに参勤交代を成し遂げるというもの。

訛りの効いた佐々木蔵之介の演技は高評価を得て、日本アカデミー賞やブルーリボン賞など様々な賞にノミネートされました。

その超高速!参勤交代の続編「超高速!参勤交代 リターンズ」の撮影がついにスタート。2016年の公開を予定しています。

気になるストーリーは、、、

まだ「参勤交代」は終わっていなかった!
無理難題を吹っ掛けられた湯長谷藩は金も時間も人手もない中、見事に参勤交代を成し遂げたかに思ったが、行きの「参勤」でお金も体力も使い果たした政醇たち。帰りの「交代」までが「参勤交代」。

最後の力を振り絞り「交代」をはじめた一行は、その道中、故郷・湯長谷で農民一揆が起きたことを耳にする。政醇たちに打ち負かされ復讐に燃えた老中・松平信祝が、さらに大きな権力と最強の刺客を手に入れ、湯長谷藩を壊滅させようと逆襲をはじめたのだった。

それを阻止するために、さらに「超高速」で走り抜け、なんとか藩に帰るのだが…自分たちの城がない!?ふたたび大ピンチに見舞われた湯長谷藩は、今度はいったいどんな奇策を使ってこの無理難題に挑むのか!?

佐々木蔵之介、深田恭子、伊原剛志を始めとする前作のキャストが再び集結し撮影が行われています。前作のファンはもちろんのこと、時代劇を気軽な気持ちで楽しみたい方にはまさに楽しみな映画になりそうですね。

超高速!で続編決定!豪華キャストが再集結! ついにご当地ロケも実現! | 超高速!参勤交代

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

これは見たいぞ!画家 藤田嗣治の半生を描いた映画「FOUJITA」が11月14日公開決定
六本木ヒルズで時代劇が撮れる日到来!そこで東映・時代劇の歴史を振り返ってみます
大泉洋主演ニュータイプの時代劇「駆込み女と駆出し男」が5月16日公開!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP