体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カンタン・安い・マジでウマイ! 塗って焼くだけ餃子の皮スナックレシピ

f:id:uralatokyo:20150821201458j:plain

餃子の皮をバケット代わりにしてあれこれ具材を乗せたり、ピザのように仕立てたり。

本来の用途とは別に、餃子の皮をトースターで焼くことで生まれる多彩なメニューが人気です。

サンドイッチの具になるものは何を乗せてもおいしいし、クラッカー代わりにも使えます。餃子の皮は包むためだけのものじゃなかったんですね。じゃあ作ってみましょうか、餃子の皮で餃子以外のおいしい何かを。

 

とはいえ、世の中には料理好きな人ばかりではありません。料理に関するすべてのことが面倒だと思う人もいます。そういう人に火を使わせたり包丁を握らせたりするのは忍びない。

ということで今回、次のようなルールを設定しました。 作業は餃子の皮に「塗る」だけとする 餃子の皮の上に固形物は置かない
つまり、餃子の皮の上にソースっぽいものをあれこれ塗ってみて、おいしい組み合わせを見つけてみます。

先に結果を言いますが、ちょっと衝撃的なほど、想像をはるかに超えたうまさでした。

客観的な感想を聞きたくて友人にも食べてもらったのですが、どれを食べても「超うまい」しか言わないので、全然参考になりませんでした。

びっくりですよ、ほんと。餃子の皮って、こんなに素敵な食材だったんですね。今まで気がつかなくてごめん。

 

さて、ではご紹介していきましょう。まずは第一弾。

左からしょうゆ、ごま油、塩レモン、ナンプラー

f:id:uralatokyo:20150821195901j:plain

しょうゆは予想通り、しょうゆせんべいそのもの。それ以外の何物でもないというほどせんべいっぽいです。

ごま油は少し塩を振りかけました。ごま油って期待にしっかり応えてくれますよね。感激のおいしさでした。これはスナックとしてより、ビールのつまみとして食べたい感じです。

塩レモンはたまたま家に作ったものがあったので、塩を振る代わりに塗って焼いてみました。なんなの、このおいしさ。塩味という何の面白味もないものが、どうしてここまでおいしいの? いやほんとびっくりしました。今回、最もいい意味で期待を裏切られたのがこの塩レモンでした。

ナンプラー。これもビールにめちゃくちゃ合いそうです! ナンプラー自体に塩分が含まれているので、塩は振っていません。タイ料理苦手じゃなければ、これもかなりおすすめです。

 

第二弾です。

左からアンチョビペースト、味噌(これは麦味噌)、ガーリックマーガリン、オイスターソース

f:id:uralatokyo:20150821200027j:plain

アンチョビペーストは大人の味、これはワインのお供にもなります。もちろんビールでも日本酒でも焼酎でもいけます。要は肴になる大人の味です。

うーん、大好きこの味!

味噌は家に麦味噌しかなかったのですが、これもしょうゆ同様、せんべいで食べたことのある味です。というよりもこれ、完全に味噌味のせんべい。餃子の皮であることがむしろ信じられません。

ガーリックマーガリンはガーリックバターでももちろんアリです。うちにあったのがマーガリンだったというだけです。これ、うまくないわけがないですよね。ガーリックトーストじゃなくて、もうこれでいい。

1 2 3次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。