ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

読売のドン 渡邉恒雄の知られざる実像に仰天

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

 世の中には、あまりにも強大な権力を持っていたり、その存在自体の影響力があまりにも大きいために、批判にさらされず、あるいは批判が意味をなさないような、いうなれば「怪物的」な人物がいる。
 それは政治家であったり、経営者であったり、またはスポーツ選手であったりするが、最たる例は、読売グループのドン、渡邉恒雄氏だろう。
 渡邉氏への一般的なイメージは決して芳しいものではない。プロ野球・巨人軍のオーナー時代は「独裁者」「老害」「傲慢」といったワードが付きまとい、「悪役」という印象しかない人も多いのではないか。

 しかし、そのイメージの良し悪しはともかく、戦後まもなくの時期にいち新聞記者としてキャリアをスタートさせ、政治部の記者として数々の歴史の節目に立ち会い、社内の苛烈な権力闘争を勝ち抜いてトップにまで登り詰めた「立志伝中の人」ではある。
 『専横のカリスマ 渡邉恒雄』(大下英治/著、さくら舎/刊)で描かれている同氏の半生からは、良くも悪くも強烈な権力欲と知力、そして老獪さが同居した、一筋縄ではいかない圧倒的な個性がうかがえる。

■新聞記者の眼ではなく「派閥の目」
 渡邉氏がその権力の足がかりを築いたのは、読売新聞政治部の記者だった時代だ。1954年、当時自由党総務会長だった大野伴睦の番記者となった渡邉氏は、みるみるうちに大野氏の信頼を勝ち取り、懐に入り込んだ。
 番記者というのは取材対象の代議士と親しくなってナンボというところはあるのだが、渡邉氏の場合はそれが度を越していたという声がある。
 読売の政治記者として渡邉氏の先輩にあたる磯部忠男氏は、「彼の眼は新聞記者の眼じゃなく、派閥の眼なんです」として、新聞記者としての渡邉氏が、取材対象との距離感について極端にバランスを欠いていた点を指摘している。
 
 こんなエピソードがある。
 当時の大野番記者には4段階のランク付けがされており、玄関で止められる者、玄関脇の書生部屋まで行ける者、応接間まで入れる者、ここまでを経て、奥の間で大野本人と対面できるまでには、長い間通い詰めなければならなかった。
 ところが、ようやく奥の間まで辿りついた記者が目にしたものは、大野派閥のトップ4人と、彼らに囲まれて座る大野本人、そしてその傍らに座る渡邉の姿だったという。つまり、渡邉氏は大野派のどんな議員よりも大野本人と近い位置にいたわけで、そういった子飼いの議員たちに説教をしたり、政策、政局についてのアドバイスをするのが渡邉氏の役割だったという。文字通り、渡邉氏は大野氏の「ブレイン」だったわけで、この立場にいる限り、渡邉氏の元にはあらゆる情報が集まってきた。そうした情報は、おそらく「新聞記者」として役立つものでもあったはずだし、実際にそれらを利用してスクープを出し、読売新聞内での立場を固めていったところもあるのだろう。しかし、大野氏の懐にあまりに深く入り込みすぎた結果、渡邉氏の意見がどんどん「大野派閥としての意見」になっていったという面は否めないようだ。

■渡邉恒雄は「権力志向のカタマリ」か?
 こういった面だけを見ると、渡邉氏が巨大な権力志向を持ち、時の権力者に取り入るタイプの人間に思えるが、前出の磯部氏にしても、当時渡邉氏と対立していた人物であり、その意見の客観性については考慮すべきだろう。事実、渡邉氏の「権力志向」については違う見方もある。
 大野伴睦やその派閥、そして後の中曽根康弘など、渡邉氏が肩入れした人物はいずれも時の絶対的権力者ではなくその対抗勢力であり、彼らを応援することで世の中の動きに自分なりの主張を織り込んできた、という評価も存在するのだ。
 本書では策略を巡らせ、剛腕を振るう一方で非常に面倒見がいいなど、渡邉氏の様々な面がエピソードとともにつづられ、単なる「独裁者」ではない、陰陽こもごもの立体的な人物像を見せてくれる。

 余談だが、出版元のさくら舎によると、本書は刊行時に読売新聞社から広告掲載を「丁重にお断り」されたという。
 本書で書かれていることの中に渡邉氏や読売グループにとってありがたくない内容がある、というよりは、読売側が自主的にボスに対して「気をつかった」ということだろうが、その一方で、東京駅近くの某書店で渡邉氏本人が本書を購入する姿も目撃されており、興味深い。
 大正15年生まれ、御年89歳にしてなお読売グループのトップに座り続ける“怪物”は、この本を読んで何を思うのだろうか。
(新刊JP編集部)


(新刊JP)記事関連リンク
有給申請をすると評価が下がる!? 恐るべきブラック企業の実態
「残業代ゼロ法案」はどうなる? ブラック企業を容認する日本の労働制度
一人前に育つのは20人に1人? 過酷すぎる仕事

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。