ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

​「アニソン​50周年​ライブ​」開催​、​​ささきいさお、水木一郎、​​堀江美都子、大杉久美子ら集結

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アニメソングを手がけてから今年でちょうど50年を迎える日本コロムビアが​、9月​27日にZepp Tokyoにて​「​日本コロムビア​ ​アニソン​ ​50​th​ THE LEGENDS」と銘打ったアニソンライブを​開催した。

ライブでは、”アニソン四天王”​と称されるささきいさお​、​水木一郎​、​堀江美都子、大杉久美子​らアニソン界のレジェンドたちが​集結した。​チケットは完売、1,300人の熱烈なファンで満席とな​った会場は、開演前より熱気​で充満していた。

司会の古川登志夫​による「今日は最初からずっとクライマックスだぞー!」の掛け声に観客が歓声で応じると、​​​水木​一郎​の「マジンガー​Z​」(作品​『​マジンガー​Z​​』​)で​​幕を開け​る。​その後、堀江​美都子​が「​​ボルテス​V​のうた」(作品​『​超電磁 マシーン ボルテス​V​​』​)、​ささきいさおが「​​ゲッターロボ!」(作品​『​ゲッターロボ​』​)​で客席を圧巻し、伝説の夜の幕開けを感じさせた。​​

鳴り止まない拍手の中、続いて古川の司会のもと​​大杉久美子も登場し、”アニソン四天王”がステージに並びトークを繰り広げた。​当日はニコニコ生放送によるライブ生中継も行われており、水木は「マジンガーZ」​歌唱中に「Z」のコメントが多数流れていたことを報告。古川は「ZZZ・・・となったらまるで眠っているようですね。」と返し、会場の笑いを誘った。

その後、​前川​陽子​は「魔女っ子メグちゃん」​(作品​『魔女っ子メグ ちゃん​』​)、しまざき​由理は「ハクション大魔王のうた」(作品​『ハクション大魔王​』​)、影山​ヒロノブは「聖闘士神話~ソルジャー・ドリーム~」(作品​『聖闘士星矢』​)、串田アキラは「ガツガツ!!」(作品​『トリコ』​)と、圧巻の歌唱パフォーマンスで畳み掛けるようにステージを盛り上げる。​続く”女子会”と称したトークコーナーでは堀江、前川、しまざき、大杉が登壇し、貴重なデビュー当時の話などに花を咲かせた。

次ぐ男性アーティストのステージは、タケカワユキヒデ​「テイキング・オフ!」(作品​『​銀河鉄道999(劇場版)​』​)、影山ヒロノブ「スターダストボーイズ」(作品​『​宇宙船 サジタリウス』​)、ささきいさお「銀河鉄道999」(作品​『​銀河鉄道999』​)、水木一郎「キャプテンハーロック」(作品​『​宇宙海賊キャプテンハーロック』​)と力強いパフォーマンスで会場をさらなる熱気で包み込む。

その後のトークではこの日最年少での出演となった影山が、生中継に”長老が最年少”とのコメントがあったことに触れ、「不思議なことが起こっている」との困惑した仕草に、会場は笑いに包まれるシーンもあった。改めてアニソンの歴史とその層の厚さを感じさせるワンシーンとなった。

続いてはメドレーコーナー​へ突入。『世界名作劇場』より、大杉久美子が「よあけのみち」(​作品『フランダースの犬』)、「草原のマルコ」​(作品『母をたずねて三千里』)、「ロックリバーへ」(作品『あらいぐまラスカル​』)、堀江美都子が「グローイング・アップ」(作品『私のあしながおじさん​』)を披露した。

​そして映像コメントコーナーでは、今年生誕90年を迎えた作曲家・編曲家の渡辺宙明、日本コロムビアでアニメソングを手がけていた松橋繁、作曲家・編曲家の​田中公平よりビデオメッセージが到着。​アニメソングに向けた思いや当時の貴重な裏話などを披露し、伝説の夜に花を添えた。

その後は​エンディング・テーマ​からの選曲で、ささきいさお「青い地球」(​作品『銀河鉄道999』)、前川陽子「夜霧のハニー」(​作品『キューティーハニー』)、堀江美都子「あしたがすき」(​作品『キャンディ・キャンディ』)、水木一郎「ルパン三世愛のテーマ」(​作品『ルパン三世』)と続く。オープニング・テーマと異なり、じっくりと聞かせる選曲に飲み込まれていく会場は、一曲一曲盛大な拍手に包まれた。

そしてここで特別出演の弘田三枝子が登場。1965年12月に『ジャングル大帝』主題歌​「レオのうた」の​シングルレコード​を発売し、日本コロムビアがアニメソングを手がけて今年で50年。弘田の登場はまさに”伝説”の一夜を感じさせた。弘田三枝子「レオのうた」​​​​​​(​作品『ジャングル大帝』)、​タケカワユキヒデ「THE GALAXY EXPRESS 999」(​作品​『銀河鉄道999(劇場版)』)、大杉久美子「ドラえもんのうた」​​(​作品『ドラえもん』)、しまざき​由理​「みなしごハッチ」(作品『昆虫物語みなしごハッチ』)と、会場をますます加熱させていく。​

ライブも終盤に差し掛かるが、その後もひとつとして観客の心を掴んで離さない。ステージを走りまわるパフォーマンスを繰り広げた​影山ヒロノブ「CHA-LA HEAD-CHA-LA」​(作品『ドラゴンボールZ』)、歌唱だけでなく衣装でも会場を虜にした前川陽子「キューティーハニー」(作品『キューティーハニー』)、圧巻の歌唱に観客も拳を突き上げ応じた串田アキラ「キン肉マン Go Fight!」と、50年の歴史を感じつつ、当時の勢いそのままで再現される名曲の数々。

そして自身も”親友”と語る名曲・堀江美都子「キャンディキャンディ」​(​作品『キャンディ・キャンディ』)、会場を更なる一体感に包み込んだ水木一郎「バビル2世」​(​作品『バビル2世』)、そしてその力強い歌声に自然とシンガロングを巻き起こしたささきいさお「宇宙戦艦ヤマト」(作品『宇宙戦艦ヤマト』)で、本編は幕を閉じた。

​鳴り止まない拍手の中迎えた​アンコールでは、当日の出演者全員で登場。​時にマイクを会場に向け繰り広げた​「海のトリトン(Go! Go! トリトン)」​​(作品『​海のトリトン』)​、その興奮冷めやらぬまま​続く​「ガッチャマンの歌」​(作品『​科学忍者隊ガッチャマン』)​を熱唱し、伝説のライブは幕を閉じた。

最後に水木は「50年という記念すべきライブに出演できてとても幸せでした」、ささきは「僕は『ガッチャマンの歌』を歌ったのがきっかけでアニメソングに誘われたので、今日はその思い出の曲をみんなで歌えてよかったです」、そしてスペシャルゲストの弘田は「こんな素晴らしい50周年の記念ライブに参加できて本当に幸せです」と目を輝かせていた。

関連リンク

日本コロムビア アニソン50th 公式ページhttp://columbia.jp/anison50/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP