ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カサリンチュ、“ふるさと納税”初の大規模イベントで公式テーマソング「故郷」を熱唱

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カサリンチュが9月26日・27日と2日間に渡りTKP品川ガーデンホールで開催されたイベント「第1回ふるさと納税大感謝祭」のステージでミニライブを行い、このイベントを主催しているふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」の公式テーマソングとなっている「故郷(ふるさと)」を熱唱し、2日間で約5,000人が集まった同イベントを盛り上げた。

同イベントは、今回が記念すべき第1回で、いま大注目の“ふるさと納税”による税収増加と地場産業の発展、観光促進の実現に感謝するイベントとして開催され、全国から40の自治体が参加、それぞれがブースを展開し、特産品の試食や試飲、体験、お土産の販売、そして各自治体の取り組みやPRを行い、約5,000人が訪れる大盛況のイベントとなった。

カサリンチュは、ふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」と自身の楽曲「故郷(ふるさと)」とで故郷コラボレーション企画として「“みんなの故郷”訪ねますキャンペーン」を同サイト内で展開しており、カサリンチュが実際に全国各地を訪れ、それぞれの街並みや景色、特産品などを紹介しており、その縁で今回の出演となった。

「故郷(ふるさと)」の作詞・作曲を担当したカサリンチュ・タツヒロは同サイトとのコラボにあたりコメントを寄せており、「生まれ育った環境から離れて生活しはじめたとき、今まで、自分の周りにあった「あたりまえ」がそうではなかったことに気づきました。さみしさや失敗、自分の弱さを知ることで、本当の自分を少しづつ知ることができました。故郷(ふるさと)はそんな弱い自分や、本当の自分も優しく見守っている場所なんだなぁって、感じました。どんなに遠くに離れていても、故郷(ふるさと)を思うことで、いつだって僕らはそこにつながっている。その場所にいた時間や距離は関係なく、あなたがふるさとって思える場所があるなら、きっとそこは、故郷(ふるさと)なんだと思います」と故郷(ふるさと)への思いを記している。

カサリンチュは、年末に各地の故郷を巡る全国ツアー「あなたの笑顔にやめとま感謝祭2015」が決定しており、11月28日~12月27日まで全国8都市8会場で開催される。今回のツアーから規模拡大となり札幌公演も追加され、奄美大島から約3,000km離れた北の大地・北海道へ初の進出となっているのも注目。

今後もカサリンチュの活躍に期待がかかる。

関連リンク

カサリンチュ オフィシャルサイト:http://www.kasarinchu.com
カサリンチュ オフィシャルtwitter:http://twitter.com/kasarinchu
カサリンチュ スタッフtwitter:https://twitter.com/kasarinchustaff
タツヒロブログ「ファンキー耕運記」:http://blog.oricon.co.jp/kasarinchu/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP