ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

元野球選手が開発!iPhoneをスピードレーダーに早変わりさせるガジェットがスゴイ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

野球のゲームを観戦すると、投手の投げた球がどれくらいの速さだったのかが表示される。

そのスピードはレーダー(スピードガン)で捉えられるが、スマホでも計測を可能にするガジェットが登場した。

・トランプの大きさ

開発しているのは、スロベニアの元野球選手、Miha Uhan氏が率いるスタートアップScoutee。

このガジェットはトランプほどの大きさで、スマホの背面や、三脚、壁などに取り付けて使用する。

・ピッチカウントもアプリで管理

内蔵するセンサーが球の速さをとらえ、そのデータは連携するアプリに送られる。誤差は1マイル(1.6キロ)以内という。

また、アプリではスピードに加え、ピッチのカウント、ロケーション、球の種類といった情報も一緒に管理できるので、試合の分析などに重宝しそうだ。

・149ドルから

Scouteeは現在、クラウドファンディングサイトKickstarterで出資を募集していて(10月22日まで)、予定小売価格299ドルのところ今なら149ドルの出資で入手できる。

資金調達に成功すれば、来シーズンに間に合うよう、来年4月にも発送される見込み。世界中どこにでも発送してくれるので、野球に情熱を注いでいる人は要チェックだ。

Scoutee/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP