ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

売り切れ前に早目のご準備を…!そろそろチェックしておきたい、来年の<おせち>

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年もあと残すところ3ヵ月と少し。お正月なんて、まだまだ先…!と安心していると、あっという間に師走…、なんてことに。正月をおうちでのんびり過ごしたいなら、ぜひ、こだわりのおせちを用意して。近々予約受付開始&予約受付中の注目おせちをまとめてみた。

1.【Oisix】「DEAN & DELUCAオードブル重for Oisix」<14,800円(税抜・送料込)>
まずは、あの「DEAN & DELUCA」と共同開発した「洋風オードブル重」から。前菜9種が入った「アペタイザーコレクション」だ。今まで何となく「和」にかたよりがちだった正月の食卓に「洋」の要素が加わって、華やかさも一気にアップ。「DEAN & DELUCA」のオシャレな雰囲気がお家でも楽しめそう!予約は、http://www.oisix.com/sc/ddから。

2.【ワタミ】「豪華三段重・春興(しゅんこう)」<30,000円(税込、宅配料込)>
これは、「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」で35年連続総合1位を誇る北陸の名宿「加賀屋」が監修した、「わたみのおせち」の高価格帯商品。ロブスターの姿蒸しやあわび旨煮、オマール海老のテリーヌなどおめでたい正月には欠かせない魚介類がたっぷり入った豪華三段重。10月1日(木)から申し込み受け付け。(http://www.watami-takushoku.co.jp/)

3.【大丸松坂屋】「松竹120周年記念映画『母と暮せば』オリジナルおせち」<21,600円(税込み)>
12月12日(土)より公開の山田洋次監督作品『母と暮せば』。作家・井上ひさしさんに捧げて長崎を舞台に描いたこの作品にちなみ、“長崎の郷土料理”を盛り込んだボリュームたっぷりのおせちがこれ。定番をおさえた和の重と、子どもにも人気の洋の重、長崎の食文化にかかせない中華をそろえた和・洋・中のバラエティー豊かな三段重だ。Webで予約受付中、店舗での予約は、9月30日(水)より順次スタート。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP