体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ワンじゃねえ、ニャンだ! 猫好き必飲のカップ酒「にゃんかっぷ」はガチな実力の吟醸酒!

f:id:uralatokyo:20150903222724j:plain

ネコ派なら無条件で呑みたくなる酒

私はネコ派です。飼っていたネコ(享年18)の命日には、毎年墓参りをしています。

ネコ好きとして同好の士にオススメしたい日本酒、それが今回紹介する「にゃんかっぷ」。イラストはCHISAさんが手がけています。うんうん、可愛らしいネコちゃんですね。

そしてこの「にゃんかっぷ」、間違ってもネーミングだけの、可愛いだけの酒じゃありません。

 

f:id:uralatokyo:20150903222727j:plain

中身は山田錦100%の純米吟醸。精米歩合55%ですから贅沢な吟醸酒です。そう、可愛らしいカップに実力派の酒、それがにゃんかっぷの正体なんです。

 

f:id:uralatokyo:20150903222731j:plain

フタを開けると素晴らしい吟醸香が漂います。カップなので呑むときに鼻もカップ内に入ることになり、おちょこで呑むよりも強く、フルーティな香りが感じられます。

口に含んでスッと喉に送れば、ジュワ~ッと旨味がひろがってキュッと切れ上がり、舌の上にどっしりとした余韻を残します。美味い!

シャープながらも力強い、静岡吟醸の名作ではないでしょうか。余談ですが静岡の吟醸酒は実力派ぞろい。吟醸の好きな方は静岡に注目してみてください。

 

蔵元の志太泉酒造さんを直撃! 中身って山田錦でしたっけ?

しかし今年のにゃんかっぷ」は山田錦100%とのことですが、うっすらとした記憶では、たしか八反35号を使用していたような……。

 

f:id:uralatokyo:20150903222735j:plain

というわけで蔵元の志太泉酒造さん(静岡藤枝市)に行く……ことは予算的に難しいので、科学技術を使って話を訊いてみました。

※写真はご親切に送ってくれました。感謝!

 

f:id:uralatokyo:20150903222739j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。