ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『水曜歌謡祭』準レギュラーに抜擢されていた18歳の女子高生 じぇにー。の路上ライブに密着

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今月までフジテレビ系で放送されていた音楽番組『水曜歌謡祭』で、水曜シンガーズの1人として活躍していたじぇにー。(当時はJennii)という女性シンガーをご存知だろうか。

女子高生 じぇにー。の路上ライブ写真一覧

<山形生まれの山形&ラスベガス育ちの18歳>

 山形生まれの山形&ラスベガス育ちの18歳で、まだメジャーデビューも決定していない高校3年生の彼女は、昨年2014年に上京し、以来高校に通いながら都内を中心に活動。その歌唱力が評価されて『水曜歌謡祭』の準レギュラー 水曜シンガーズに抜擢されれば、中高生に大人気の読者モデルBoys&Girlsの公式ファッションチーム“FLASH TOKYO”第4期メンバーにも選ばれるなど、アーティストとしてのパフォーマンス力とキュートなビジュアルも併せ持つ逸材だ。

 ただ、かといって順風満帆かと言われればそうでもなさそうだ。前述通り『水曜歌謡祭』が今年の9月で放送終了となったことはもちろんだが、現在の日本の音楽シーンではアイドルや声優を除いた若手ソロシンガーが活躍できる場は決して多いとはいえないだろう。ゆえに彼女も路上ライブを精力的に繰り返しており、特にこの夏は原宿を中心に週に2?3本、猛暑の中で歌にダンスにと通行人を相手に自身の存在をアピールしていたという。

<現在は路上ライブの日々、「『水曜歌謡祭』は本当に勉強でした」>

 台車の付いたスピーカーを引きずり、興味本位で立ち止まった人々に自らチラシを配り、額の汗も気にすることなく笑顔を振りまくその姿とは裏腹に、ひとたびパフォーマンスが始まれば顔つきは瞬時に引き締まる。踊りにくそうな路上のコンディションも気にすることなくキレのあるダンスで魅了すれば、美声はもちろん、時に手拍子やコール&レスポンスもあおりながら自らのステージを作り上げていくのだ。

 彼女が路上ライブを始めたのは半年ほど前から。機材搬送から準備、ライブ後の告知まですべて自ら行っている彼女だが、『水曜歌謡祭』は本当に勉強になることばかりでしたと感謝の言葉を並べ、「でも、まだメジャーデビューもしていないので」と現状を受け止めて笑顔を見せる。路上だからこそ出せる自由さやリアルな生っぽさもあるようで、失敗なども引っくるめて楽しめているというのだから大したものだ。

<多くの観覧者に感極まって涙……、18歳の素顔と才能>

 今回の取材を行った路上ライブは9月のシルバーウィークまっただ中に原宿で行われていたのだが、連休の影響もあってたくさんの通行人が歩を止め、じぇにー。のパフォーマンスを注視していた。そんな光景に彼女が思わず涙してしまう一幕もあったのだが、なんでも10月のワンマンライブのチケットがいまだ完売しておらず、この日は体調が芳しくなかったことも相まって、つい感極まってしまったそうだ。

 ただ、多くの通行人が足を止めたのは、彼女の優れたビジュアルだけでなく、決して恵まれた環境とはいえない路上ライブであっても、そのアーティスト性が際立っていたからであることは間違いない。ライブ後、チラシを配る彼女と談笑している人の中には初見も多かったように見受けられたが、老若男女はもちろん海外からの旅行者と思しき人々までもが彼女のパフォーマンスに惜しみない賛辞を贈っていたのが印象的だった。

<憧れはアリアナ・グランデ。10月には1stアルバムにワンマンも>

 聞けば若くしてブロードウェイ・ミュージカルでデビューして米ビルボードの頂点にも輝いたアメリカ随一のニューカマー アリアナ・グランデに憧れ、自身をアピールすることよりも歌を聴いて欲しいとその願望を口にする。アーティストとして育んできたスキルのみならず、なかなかな覚悟や根性も持ちあわせていそうな逸材だけに、今後はさらなる飛躍が期待できそうだ。

 10月2日には初のオリジナル・フル・アルバム『18vox』をリリースし、その週末には前述通りShibuya Milkywayにてワンマンライブの開催が控えている。『水曜歌謡祭』で何となく気になっていた人や、いまだ未見だという人にも、ぜひ一度じぇにー。という新たな才能に耳を傾けて欲しい。

撮影:杉岡祐樹

◎アルバム『18vox』
2015/10/02 RELEASE
FOCD-0010 2500円(税込)

◎ライブ【Jennii One-man LIVE~18 vox~】
10月4日(日) Shibuya Milkyway
OPEN 16:30 / START 17:00
チケット:前売り 2500円(ドリンク代別)

関連記事リンク(外部サイト)

安室奈美恵が大阪城ホールのライブを前に、FM802に出演
坂本龍一×山田洋次『母と暮せば』、レコーディング風景解禁
Google Play MusicやAWAなど、デジタルで進化する音楽ビジネスをテーマにした養成講座が開講

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。