ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女性に対する「おしゃれね」の一言がほめ言葉ではない理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“植松流素敵論”をまとめた『素敵は、無敵。』(KKベストセラーズ刊)を発売したファッションプロデューサーの植松晃士氏。そんな植松さんに、「おしゃれね」と「素敵ね」の違いについて語ってもらいました。

 * * *
 皆さま、ご機嫌よう。今回は“おしゃれ”と“素敵”のお話をいたします。あなたは人から「おしゃれね」と言われたことがありますか? もしそうなら、「あら、私のファッションセンスの良さがわかったのね」と、内心、鼻が高かったかしら。でもこれ、決してほめ言葉ではありませんよ。

 もちろん、おしゃれであることは素敵の一部ですが、過剰なおしゃれ感は、その人の個性を埋没させてしまうもの。女性にとって最大級の賛辞は、お洋服も含めた全身を「素敵ね」とほめられることなのです。

 ときどき、“素敵”を勘違いして、「私なんてパーティーに出ることもないし、ドレスアップする機会もないから」と、投げやりなことを言う人がいますが、大きな誤解です。

 私たちの日常のどんなシーンにも素敵は隠れています。たとえばご近所のスーパーでその場になじみながら輝いていたら、それが素敵。

 そもそも日常の素敵に慣れていないと“いざ”という時に、大騒ぎになってしまうものです。わかりやすい例が、結婚式や同窓会。昭和の演歌歌手のステージ衣装のようなお姿で現れ、周囲の人々から「あの人、どうしちゃったの?」と噂される残念な人っているでしょ?

 そんな特別なシーンで無駄に張りきるより、日常のささやかなシーンをほんのりと色づかせたほうが、どれだけ人生が豊かになるか。

※女性セブン2015年10月8日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
高見恭子 足元のおしゃれ大好きで「タイツを集めています」
「豚に真珠」に異論 最低でも真珠の分価値の底上げはできる
教育評論家・尾木ママ いいとものギャラは5万円と明かす

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP