ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ダフト・パンク初のドキュ映画、いよいよ素顔披露か!? トレイラー映像公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 “世界一謎に包まれたデュオ、初のドキュメンタリー映画”と謳われた映画『Daft Punk Unchained』のトレイラー映像が、初めて英語版で登場した。

 同作には、パフォーマンス映像やダフト・パンクの創立者であるトーマ・バンガルテルとギ=マニュエル・ド・オメン=クリストのインタビュー映像をはじめ、ファレル・ウィリアムス、カニエ・ウェスト、シックのナイル・ロジャース、ベテランDJのピート・トング、シンガーソングライターであり米国作曲家作詞家出版者協会会長のポール・ウィリアムズと雑談する様子をフィーチャーしている。

 あるシーンではウェストが「ダンス・ミュージックに革命を起こした者……それはダフト・パンクだろう」とコメント。また、トレイラーの最後には同デュオの片方による“究極のじらし”が見られる。世界中のオーディエンスにとって彼らがヘルメットを取ることは、ルーク・スカイウォーカーが30年前に父親へサヨナラを告げた時以来の興奮となることだろう。

 Herve Martin-Delpierre監督によるドキュメンタリー映画『Daft Punk Unchained』は、彼らがパリで初めて結成したスクール・バンドにはじまり、世界的なヒット作『ランダム・アクセス・メモリーズ』でアルバム・オブ・ザ・イヤーを獲得した2014年のグラミー賞での夜に至るまで、その輝かしいキャリアを追うものだ。今年6月にフランスのテレビ局、Canal+で初放映された同映画は、BBC Worldwideにより配給される。今年末までには世界的に公開する予定だ。

関連記事リンク(外部サイト)

ボブ・ディラン「ライク・ア・ローリング・ストーン」全セッション収録のブートレグ第12弾発売、ナイル・ロジャース率いるシック来日決定:今週の洋楽まとめニュース
ザ・ストライプス 7月のソールドアウト公演の音源&映像を収録した来日記念盤が11月にリリース
ハリケーン#1 約16年ぶりのアルバムを12月に日本リリース、アルバム収録曲3曲のティーザー音源が公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP