ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エド・シーランをfeat.したルディメンタルの新曲公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 英ドラムンベース・グループのルディメンタルが、発売を控えた2ndアルバム『ウィー・ザ・ジェネレイション』からエド・シーランをフィーチャーした「レイ・イット・オール・オン・ミー」を公開した。同曲はシーランの歌が聴ける最新曲となる。

 メンバーのAmir AmorがBBCラジオ1のHuw Steohensに説明した話によると、「これはお互いの結びつきについて、まさしく……兄弟愛を歌った曲なんだ」という。

 ルディメンタルはアメリカでシーランとツアーしている間に同曲をプレイし、ロンドンで一緒に仕上げたそうだ。

 彼らはこれまでにも「ブラッドストリーム」でコラボしているが、こちらもアルバム『ウィー・ザ・ジェネレイション』に収録されている。

 なお、シーランは自身のファン(および自身を嫌いな人たち)に向け、「これを最後にしばらく僕がリリースするものはないよ。僕のことを好きな人にとっては悪いニュースであり、嫌いな人にとっては素晴らしいニュースだろう。みんなにSheeranCorpで提供するよ」とツイートしている。

関連記事リンク(外部サイト)

ボブ・ディラン「ライク・ア・ローリング・ストーン」全セッション収録のブートレグ第12弾発売、ナイル・ロジャース率いるシック来日決定:今週の洋楽まとめニュース
ザ・ストライプス 7月のソールドアウト公演の音源&映像を収録した来日記念盤が11月にリリース
ハリケーン#1 約16年ぶりのアルバムを12月に日本リリース、アルバム収録曲3曲のティーザー音源が公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP