ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Amazonプライム会員は動画見放題?!この1週間の注目ニュース【MarKit定期便9/28版】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは!MarKitのたくです。
2015年も残り3ヶ月となってしまいました! 毎年のように感じることですが時間の流れは速いですよね……。

そんな時間の流れの速さに流されないように、マーケティングの情報を発信するMarKitでは「MarKit定期便」をスタート! 「マーケティングやビジネスアイデア」に関するニュースをピックアップしてご紹介していきます。

クライアントとの会話のネタや、新規事業のアイデアなどのお役立ちできると嬉しいです。それでは一発目いってみましょう!

国内クラウド市場は2019年に2兆円規模に!


参考:国内クラウド市場は2019年度に2兆円へ成長
http://www.m2ri.jp/newsreleases/main.php?id=010120150924500

マーケティングリサーチ業務を行うMM総研は「国内クラウド市場は2019年度に2兆円規模となる」ことを調査結果として公表しました。
2014年度の市場規模が7,749億円であることから、その成長率は約3倍ほど。

ただし同調査ではユーザーがクラウドに取り組む際の懸念点もまとめており、主に

クラウドへの移行コスト、運用コストが高くつくこと
顧客情報や業務情報の漏えいへの不安
社内にシステム構築や運用に関するノウハウがないこと

であるとされています。

クラウドサービスを提供するベンダー側から見ると、提案の段階で上記のような懸念点を払拭するような「サービス設計」「価格設定」が求められますね。

また、クラウドによるデータ管理や業務プロセスの効率化の効果の高さは広く知られていますが、担当者自身のクラウドへの理解度が低いために、クラウドサービスの導入を躊躇するケースが多いように感じられます。
各ベンダーがシステム担当者向けの勉強会やセミナーを実施していますが、市場の成長スピードを鈍化させないためにも各担当者のリテラシーを高める施策をスピーディに実行することが重要かな、と思います。

Amazon、いよいよプライム会員向け映像配信サービス提供開始


参考:Amazon プライム・ビデオ
https://www.amazon.co.jp/b/?_encoding=UTF8&node=3535604051&ie=UTF/ref=pv_launch_pr

HuluやdTV、そして今秋から日本進出をはじめたNetflixに続き、いよいよAmazonが映像配信サービスの提供をはじめました。
配信される映像コンテンツは国内外のドラマ、映画、音楽、アニメなど非常に幅広く揃えられています。しかもAmazonプライム会員(年会費3,900円税別)は無料で利用することが可能!

個人的には今回のAmazonの映像配信サービスの日本上陸のタイミングは「強者の戦略」が見事に当たるんじゃないかな、と思っています。

つまり他の映像配信サービスが多くのPRを行い、国内に映像配信サービスの熱が高まる時期を見計らいながら、圧倒的なスペックパフォーマンスを持つ商材を投入することで、一気に市場シェアを奪いにいく戦略です。

強者、いわゆる業界シェア1位の会社はその潤沢な資金力や顧客基盤、インフラなどの強みを活かしてユーザーにとって魅力的な商品やサービスを生み出すことができます。ただ市場において新しいサービスを投下する場合は、はじめに新しい商品を世に広めるための広告費が必要。
余分な広告費を使わず、市場シェアを広く獲得するには、市場内で新しいサービスへの需要が高まったタイミングで進出することで効率的に拡販することができるかもしれません。

ちょうど先週から始まったAmazonの映像配信サービス。これからの展開が楽しみですね!

日本初!大学クラウドファンディングサービス「TFF」がリリース


参考:筑波フューチャーファンディング(通称TFF)
http://www.tff.or.jp/

筑波大学出身の経営者の方々が運営する一般社団法人 筑波フューチャーファンディングが筑波大学と連携して「在学生と卒業生の夢や企画を応援する」クラウドファンディングサービスを立ち上げました。

筑波大学は現在「日本のシリコンバレーとなる」ことを目指し、前LINE代表の森川氏を客員教授としてサマーセミナーを開催するなど、起業家育成に力をいれています。
TFFもその施策のうちの一つ。クラウドファンディング自体で調達できる資金額はそれほど大きな額ではありませんが、学生が持つビジネスアイデアなどを世に広めるには非常に良い仕組みです。

さらに大学や卒業生と連携することにより、「母校を応援する」という意味合いでの支援者を募ることも可能になります。

多くのクラウドファンディングサービスが立ち上がる中で、今問われているのは「なぜそのプロジェクトを支援するか?」という動機づけでしょう。
そういった意味では「大学がクラウドファンディングを実施する」というのは非常に魅力的な取り組みですよね!

最後に

いかがでしたか?

先週はシルバーウィークのためニュース自体が少ないので3つのみですが来週以降はもっと多くのニュースを取り上げたいと思います。
もしよければみなさんもネットで情報収集する際には、ただ記事を読むだけではなく「自分なりの所感」を考えてみることをおすすめします。そうすることでニュースの内容を覚えやすくもなりますし、自分の知恵としてふとしたときに使える情報になるかもしれません。

もし取り上げて欲しいニュースやイベントなどがあればお気軽にお問い合わせください!

それではまた!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
LIGの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP