体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

B’z・松本孝弘、TBS『世界遺産』新テーマ曲を書き下ろし

エンタメ

TBS『世界遺産』(毎週日曜18時~全国放送)が、放送開始20年目を記念して番組のテーマ曲を一新。オープニングに流れるメインテーマとエンディングテーマの2曲を松本孝弘が書き下ろした。

B'z・松本孝弘 (okmusic UP's)

『ミュージックステーション』や『すぽると!』をはじめ、これまでもテレビ番組のテーマ曲を手がけてきた松本だが、ドキュメンタリー番組のテーマ曲を書き下ろすのは今回が初となる。

松本の作曲およびギター演奏による2曲のレコーディングはロサンゼルスで行われたばかり。メインテーマはワクワクするような好奇心を刺激する曲であり、エンディングテーマは旅情的な雰囲気を醸し出している。

新テーマ曲が流れるのは10月4日の放送から。この日、番組では今年ユネスコの世界遺産に登録されたばかりの「明治日本の産業革命遺産」を取り上げる。

新テーマ曲でお送りする『世界遺産』、そしてソロ始動となった松本孝弘の今後にも期待が高まる。

■TBS系テレビ「世界遺産」公式サイト
http://www.tbs.co.jp/heritage/

【松本孝弘 コメント】
この度、自身も大好きで拝見していた番組の音楽を担当させて戴きました事、光栄に思います。楽曲を提供させて戴くにあたり、改めて過去のOAも含め拝見して僕なりにイメージを膨らませていきました。この楽曲達が、永きに渡り続いてきた由緒ある番組に、華を添えられる様な存在になれれば嬉しく思います。

【『世界遺産』プロデューサー・堤慶太 コメント】
松本孝弘さんはグラミー賞を受賞した世界的なアーティストです。その松本さんに、ワールド・ワイドな世界遺産にマッチした、素敵なテーマ曲を作っていただきました。放送20年目に、さらにパワーアップした『世界遺産』。音楽も楽しみに、ご覧ください。

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会