ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大阪で花開く独自のカレー文化 インドやスリランカを意識か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 いま大阪では独自のカレー文化が花開いている。その視線は東京をはるか超え、スパイスの本場インドに、そして最近ではスリランカへと注がれている。

 大阪のカレーといって思い浮かぶのは、例えば東京に進出してすでに熱心なファンを獲得している『インデアンカレー』だ。最初は甘く感じるものの、スプーンを口に運ぶごとにどんどん辛さが攻めてくる独特のソース。付け合わせも含め東京にはないスタイルを確立している。大阪駅地下街の老舗『ピッコロ』や難波『元祖とんかつカレーの店カツヤ』なども濃厚なルウが魅力的だ。

 もともと大阪は洋食から発展したカレーの層がぶ厚いが、最近大阪で元気なカレーは、従来のものとはまったく異なる、独特の調合を売りにしたスパイスがゴロゴロしたカレーだ。

 例えばすでにリビングレジェンドと称される『カシミール』。具になっているのは豆腐とわかめなど味噌汁かと見紛う内容。ご主人はミュージシャンというだけあってまさにカレーのインプロビゼーション(即興演奏)だ。本格的インド料理のようだがインドには決して無いカレー。このあたりから大阪のカレーが面白くなり、独自の進化を始めたように思う。

 新しい大阪カレーの世界では『soma』が白眉だ。約30種類の焙煎したスパイスを使用したカレーは一口食べるとすぐ舌でハーモニーを奏で始める。チキンキーマ、トマトカレー、それにお肉のカレーと3種類のあいがけが良い。

 それぞれを楽しんだ後、ちょっと混ぜてみるとまさに多重奏の風味。油を使わず肉から出る脂だけで材料を炒めているので胃がもたれることもなく身体にも優しいカレーとなっている。満腹になっているはずなのに食後に若干の空腹感を覚えてしまうから驚く。

 最近台頭してきたのが「混ぜる」ことを前提としたカレーだ。もともと昔から極辛のチキンカレーと甘い野菜カレーを自分で混ぜて好みの味にして食べる『らくしゅみ』という店もあったし、行列が絶えない『ボタニカリー』などもあいがけの発展形と見ることができる。
 
 そして、「混ぜるカレー」の決定版といえるのが、『ロッダグループ』のギャミラサセットと名付けられたワンプレートカレーだ。スリランカの家庭で食べられているスタイルだが、これこそがいまの大阪の一大潮流。メインのカレーをマトンやチキンなどから選び、その他スリランカのハーブ、野菜、ココナッツ、豆のカレー、豆せんべい・パパダンなどが皿に盛られる。これらを最初から混ぜて食べる。それぞれを味わいたい衝動も抑えきれないが、混ぜたほうが圧倒的にうまい。わざと粗めに混ぜて各パートの味の変化を楽しむのも良い。

 いまでは大阪に広く浸透しているが、最初に提供したのはこの店。約4年前のことだ。最近レストランタイプの2号店もできた。こちらはまるでスリランカの居酒屋。飲みながら絶品のカレーやスリランカ料理が楽しめる。

 大阪のカレーは深い。そして絶え間なく膨張する宇宙のように進化を続けている。

●文/梶原由景:LOWERCASE代表。元BEAMS・クリエイティブディレクター。ファッション業界きっての食通として知られる。グルメ情報満載のブログはファン多数。J:COMの人気番組『どやメシ紀行』をプロデュースする。著書に『TRANSIT TOKYOごはん』(講談社刊)など。

撮影■杉原照夫

※週刊ポスト2015年10月9日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
西のカレー激戦区 大阪「裏谷四」地区の魅力をマニアが解説
PA内ココイチ名物 ロースカツと海老フライのKabuto カレー丼
高嶋政伸 離婚裁判中妻・美元のカレーに激怒し法的措置検討

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP