ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ノマドワーカーは要チェック!外出先の快適ワークスペースを検索できるアプリ「WHA」とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫
WHA2

外出先で、ノートPCなどを使って仕事をする必要に迫られたとき、あなたならどうするだろうか。

Wi-Fi対応のカフェに駆け込むというのが、一般的な選択肢かもしれない。しかし、接続が安定していなかったり、仕事をするような環境ではなかったりすることもある。

そこでアプリ「WHA」の出番。現在地周辺で仕事をするのにふさわしいWi-Fi対応ワークスペースを検索できるというものだ。

WHA

・回線スピードも調べられる!

WHAは、ユーザーからの提供情報を元にしたクラウドソースアプリ。位置情報を活用して検索をかけると、周辺で該当するスペースがマップに表示される。

そして、それぞれをタップすると、インターネット回線スピードや電源の取りやすさ、静か、周辺の駐車場の有無、価格などが調べられる。

・70カ国の情報を網羅

現在は70カ国の1003もの都市を網羅しているので、特定のオフィスを持たないノマドワーカーや、出張が多いビジネスマンに役立ちそう。

ちなみに、WHAは“Work Hard Anywhere”の 頭文字。ダウンロードは無料なので、ぜひ一度仕事に活用してみてほしい。

Work Hard Anywhere

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。