体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

激辛ラーメンとチーズがカオスな『赤鬼ラーメン』を食す! @『まんぷく』相模原

aka-1_R

今回は筆者の地元”相模原”でもマニアックなラーメン屋さん『まんぷく』の『鬼ラーメン』に注目してみましょう。

まず、神奈川県の相模原市の記事に、どんだけの”需要”があるのかって話ですが、まあ一応は”政令指定都市”になったりしたので、そこそこの需要はあるかと存じます。

『赤鬼ラーメン』を所望する!

aka-10_R

筆者的には『まんぷく』と言えば、本店ではなく支店の方が想い出深いのですが、さすがに閉店した過去の店のネタでは盛り上がりに欠ける感は否めません。

と、言う訳なのでサクっと本題に入ります。『まんぷく』と言えば、やはり看板メニューである

『鬼ラーメン』(700円)

を食べてナンボと言っても過言では無いでしょうか?

濃厚な”豚骨ラーメン”に”唐辛子的な何か”とチーズがトッピングされ、カロリー的にも檄ヤバなラーメンなのですが、クセになるラーメンだったりします。

そして! その『鬼ラーメン』を2倍辛くパワーアップさせたのが、今回食べる

『赤鬼ラーメン』(700円)

で御座います。正直、言うほど辛いモノは得意ではない筆者ですが、果たしてコレで良かったのでしょうか?

『赤鬼ラーメン』(大盛り)を食す!

aka11_R

さしてお腹は減っていないのですが、よりインパクトのある写真を手に入れる為に”大盛り”(プラス200円)にした次第で御座います。

結果、こんな感じですが、どうでしょうか?

コイツはなかなか迫力があるんじゃないでしょうか? 横にある水の入ったコップが小さく見えます。

実際には大盛りと言っても”麺2玉”なので、物凄いデカ盛りって訳ではありませんが、丼の直径があるので

「鬼ラーメンに相応しいグラフィック」

かと存じます。ちょいちょい盛られたモヤシの山と、ラー油のようなモノが浮いているスープはヤヴァいですね。

超濃厚な『赤鬼ラーメン』のスープ

aka-3_R

まず『まんぷく』のスタンダードなラーメン自体も、かなり濃厚なラーメンなのですが、そこへチーズの濃厚さが加わった『鬼ラーメン』は超濃厚なラーメンに仕上がっています。

豚骨ラーメンと”チーズ”の相性の良さは、同じく相模原にあったラーメン屋さん『肥後っ子ラーメン 大石家』で証明されています。

同じ豚骨ラーメンでも醤油豚骨の”家系ラーメン”にチーズは賛否が分かれますが、博多ラーメン系の豚骨とチーズは鉄板の組み合わせです。

そして!

今回はより辛さの増した『赤鬼ラーメン』なのですが、何気にチーズの”まろやかさ”によって辛さが緩和されている的な何かでした。

これなら辛いのが超苦手でなければ、割と普通に食べられると思います。

しかし!

味覚は誤魔化せても体は正直と言うか、食べていると段々と体が熱くなってくるのが分かります。

しかも!

溶けたチーズは乳成分と油が分離してしまうので、スープの表面は唐辛子と浮いた油で”ラー油”みたいなモノが出来上がっています……。

aka-4_R

なので、見た目ほどハードな辛さは無いのですが、見た目を上回るカロリーと胃に直撃する唐辛子は、色々な意味でヘヴィーなラーメンと言えるでしょう。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。