ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

激辛ラーメンとチーズがカオスな『赤鬼ラーメン』を食す! @『まんぷく』相模原

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

今回は筆者の地元”相模原”でもマニアックなラーメン屋さん『まんぷく』の『鬼ラーメン』に注目してみましょう。

まず、神奈川県の相模原市の記事に、どんだけの”需要”があるのかって話ですが、まあ一応は”政令指定都市”になったりしたので、そこそこの需要はあるかと存じます。

『赤鬼ラーメン』を所望する!

筆者的には『まんぷく』と言えば、本店ではなく支店の方が想い出深いのですが、さすがに閉店した過去の店のネタでは盛り上がりに欠ける感は否めません。

と、言う訳なのでサクっと本題に入ります。『まんぷく』と言えば、やはり看板メニューである

『鬼ラーメン』(700円)

を食べてナンボと言っても過言では無いでしょうか?

濃厚な”豚骨ラーメン”に”唐辛子的な何か”とチーズがトッピングされ、カロリー的にも檄ヤバなラーメンなのですが、クセになるラーメンだったりします。

そして! その『鬼ラーメン』を2倍辛くパワーアップさせたのが、今回食べる

『赤鬼ラーメン』(700円)

で御座います。正直、言うほど辛いモノは得意ではない筆者ですが、果たしてコレで良かったのでしょうか?

『赤鬼ラーメン』(大盛り)を食す!

さしてお腹は減っていないのですが、よりインパクトのある写真を手に入れる為に”大盛り”(プラス200円)にした次第で御座います。

結果、こんな感じですが、どうでしょうか?

コイツはなかなか迫力があるんじゃないでしょうか? 横にある水の入ったコップが小さく見えます。

実際には大盛りと言っても”麺2玉”なので、物凄いデカ盛りって訳ではありませんが、丼の直径があるので

「鬼ラーメンに相応しいグラフィック」

かと存じます。ちょいちょい盛られたモヤシの山と、ラー油のようなモノが浮いているスープはヤヴァいですね。

超濃厚な『赤鬼ラーメン』のスープ

まず『まんぷく』のスタンダードなラーメン自体も、かなり濃厚なラーメンなのですが、そこへチーズの濃厚さが加わった『鬼ラーメン』は超濃厚なラーメンに仕上がっています。

豚骨ラーメンと”チーズ”の相性の良さは、同じく相模原にあったラーメン屋さん『肥後っ子ラーメン 大石家』で証明されています。

同じ豚骨ラーメンでも醤油豚骨の”家系ラーメン”にチーズは賛否が分かれますが、博多ラーメン系の豚骨とチーズは鉄板の組み合わせです。

そして!

今回はより辛さの増した『赤鬼ラーメン』なのですが、何気にチーズの”まろやかさ”によって辛さが緩和されている的な何かでした。

これなら辛いのが超苦手でなければ、割と普通に食べられると思います。

しかし!

味覚は誤魔化せても体は正直と言うか、食べていると段々と体が熱くなってくるのが分かります。

しかも!

溶けたチーズは乳成分と油が分離してしまうので、スープの表面は唐辛子と浮いた油で”ラー油”みたいなモノが出来上がっています……。

なので、見た目ほどハードな辛さは無いのですが、見た目を上回るカロリーと胃に直撃する唐辛子は、色々な意味でヘヴィーなラーメンと言えるでしょう。

食べ進むと丼に残される”唐辛子”の痕跡が『赤鬼ラーメン』の辛さを物語っています。

上の方はチーズやら脂で隠されていますが、下の方には多くの唐辛子が沈殿しているので、後半の方が辛さが増します。

麺は『あかいけ』の太麺である!

麺は相模原では有名な『あかいけ』の麺を使っているようですね。他にも”八王子ラーメン”の有名店でも使われていて、地元ではトップブランドの製麺所です。

やはり濃厚な『鬼ラーメン』には、このくらい美味しい麺、しかも太麺で無ければ太刀打ち出来ません。

筆者はあえて”麺固め”とか言わず、その店のスタンダードな”麺の茹で加減”を尊重しています。

今回は普通よりもチョイ固めな感じの、ナイスな茹で加減でした。

何気に”平ざる”を使っての湯切りなど、ちょいちょいラーメン屋としての実力を魅せる『まんぷく』ですが、ここら辺のバックボーンとなる技術は、なかなかのモノかと存じます。

超コダワリのチャーシューが絶品!

”激辛濃厚豚骨ラーメン”にチーズを組み合わせ、前衛的とも言える『赤鬼ラーメン』ですが、そのバックボーンとなる部分は、実にしっかりしています。

特にチャーシュー(焼き豚)に関しては、並々ならぬコダワリを感じます。

最近は”チャーシュー=煮豚”がデフォですが、この『まんぷく』では今でも豚バラ肉を焼いたチャーシューです。

焼くと言うよりはスモーカーのような容器に入れて、オーブンのようにじっくり加熱する感じでしょうか?

豚バラの脂も程よく落とされ、落ちた脂から上がる煙でイイ感じにスモークされ香ばしく仕上がっています。

このように手間暇かけて仕込んだチャーシューを、さらに提供する時はコンロを使って”直火”で炙ってラーメンに乗せています。

モヤシに絡むチーズも旨し!

とにかく半端ない量のチーズを”熱々のモヤシ”と絡めてトッピングして来ます。この”モヤシ&チーズ”が意外とハマった筆者です。

モヤシと言うと味が無いと言うか、どうも水っぽい感が先行し、その存在意義については賛否が分かれる所です。

しかし、味の薄いモヤシにチーズが絡むと途端に存在感が出て来ます。

しかも、ちょいちょい辛いスープをくぐらせると、より複雑な味わいになり、なかなか美味しかったりするのです。

これは… もしかして”麺抜き”でも成立するんじゃないでしょうか?

まあ、麺を抜いたらラーメンじゃないだろって話ですが、そのくらいの存在感が『赤鬼ラーメン』のモヤシにはあります。

『赤鬼ラーメン』 総評

”ラーメンにチーズ”と言うと、まだまだ拒否反応を示す人も少なくないと思いますが、一度そのタブーを破ってしまうと評価はガラリと変わります。

チーズと言っても、チーズ自体はラーメンスープの熱で溶けてしまうので、実際にはチーズ味のラーメンにはならないのです。

逆に乳製品ならではのコクと”まろやかさ”が加わり、より濃厚なラーメンに生まれ変わります。

そのままでは”コッテリ”したラーメンになってしまうのですが、この『赤鬼ラーメン』は辛さで脂っぽさを打ち消しています。

この絶妙なバランスが『赤鬼ラーメン』の美味しさと言えるでしょう。

ここら辺は、いわゆる”担々麺”に通じるモノがあるかもですね。

担々麺は”胡麻”(芝麻醤)で辛さをマイルドにしつつ、コクを出しますが、この『赤鬼ラーメン』ではチーズがその役割を果たしています。

他にも麺の美味しさや、手間暇かけたチャーシューの旨さなど、何気にラーメンとして美味しい『赤鬼ラーメン』でした。

それでは、みなさんも是非『まんぷく』の『赤鬼ラーメン』を試してみて下さい。

『まんぷく』

神奈川県相模原市中央区星が丘1-1-22

営業時間 火~土 11:30~2:00 日 11:30~0:00
定休日:月曜 祝日

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP