ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人気の格安葬儀の落とし穴 以後弔問客が引っきりなしになる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 かつては大勢の会葬者が訪れる葬儀が一般的だったが、近年は「家族葬」「直葬」と呼ばれる低価格・小規模な葬儀が全国的に広がっている。人気の「格安葬儀」だが、そこには意外な落とし穴もあるという。ライターの池田道大氏が、格安葬儀経験者の声をレポートする。

 * * *
 宮城県在住のAさん(58)は同居していた父の葬儀を近親者のみの家族葬で行い、葬儀後に喪中ハガキで知人や友人に伝えた直後、自宅に「異変」が生じたと明かす。

「弔問客が引っきりなしに訪れるようになったんです。父が亡くなった原因や生前の様子など、弔問客は一様に同じことを聞きます。喪服で来る人、焼香する人をぞんざいには扱えず、いつまでも葬式が終わらない感じで、父を亡くしたストレスがなかなか癒えません」(Aさん)

 恥をかいたというのは神奈川県在住のBさん(60)。高齢の母を看取った後、本人の希望もあり、近くに住む身内だけで家族葬を行った。

「翌年の正月に里帰りした際、親族から“この親不孝者”“みすぼらしい葬儀をするな”と責められて辛かった。考えてみれば、田舎に住む母のきょうだいも母の家族です。本人の希望とはいえ、きちんとした葬儀をしておけばよかった」(Bさん)

 別れの場を「奪われた」と嘆くのは、福島県在住のCさん(76)。近所に住む50年来の友人を亡くした際、葬儀を手伝おうと友人宅を訪れると思わぬ対応をされた。

「友人の妻は“東京に住む長男が戻って家族葬をするみたい”とオロオロするばかりで葬儀の日程や段取りを教えてもらえなかった。長年の友に線香も上げられず、気持ちが落ち着きません。長男はたしかに家族かもしれませんが、疎遠だった者が葬儀を仕切って参列もできないのは残念です」(Cさん)

※SAPIO2015年10月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
家族葬など小さい葬儀 香典少ないため持ち出し費用高額化も
「小さい葬儀」で数か月間自宅への弔問客が引きも切らぬ例も
5万円葬儀が「アットホーム」と好評 小規模葬儀流行の背景

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。