ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カフェインなしで、仕事を元気に乗り切る「10の方法」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

仕事中に疲れを感じたら、どうしていますか?コーヒーを飲むという人も多いと思いますが、過剰なカフェイン摂取は考えものですよね。
そこで今回は、ライターAdam Silvers氏が提案する、カフェインなしで元気になる方法をご紹介。これで、仕事の生産性が高まることは間違いなし!?

01.
やっぱり効果的!
好きな音楽を聴く

「Journal of Music Therapy」によると、音楽には疲れを緩和し、気分を良くする効果があるのだそう。歌ったり、音楽を聴きながら時間を過ごせば、爽快な気分になるでしょう。

02.
ミントガムを噛み
やる気と新鮮な息を

2012年に行われたある研究で、15分ガムを噛むと、噛まなかった人よりも明確で素早い判断ができることが分かりました。Andy Smith博士は以下のように述べています。

「ガムは、脳への血流と心拍数を増加させる。加えて、注意力を向上させる自律神経を刺激するのだ」

また、Jacob Teitelbaum博士はミントの効能に言及しました。

「ミントは神経線維を刺激する。ミントを摂取することは、あなたの顔に冷たい水をかけるようなものなのだ」

03.
10分だけでも歩く

会社員であれば、疲れたので気軽にふらっと散歩に出かけるなんてことはできません。でも、ほんの少し歩くだけで、疲れを和らげ注意力を回復することができます。
体を動かすことは、心臓、血液、代謝に良い影響を与えます。エレベーターの代わりに階段を使いましょう。別の部屋に、同僚と話しに行くのも効果的。生産性が落ちていると感じた場合は、10分だけでも歩くべきです。

04.
笑える動画を視聴

面白い動画を見ると、ただ気分が楽しくなるだけではなく、血液の循環が良くなり、エネルギーが増加します。
仕事中にそのような動画を見ることが禁止されているのなら、「従業員の生産性を高めるのに適している」と説明しましょう。

05.
ランチでは、キノコか
ほうれん草を摂取

鉄分は体全体に酸素を運ぶ役目を担っています。コップ1杯分のキノコを食べるだけで、1日に必要な鉄分のおよそ半分が摂取可能。酸素が充分でないと、体が疲労を感じてしまうのです。
たとえば、ほうれん草には鉄分が豊富に含まれています。さらに、エネルギーを生むマグネシウムも。マッシュルームとほうれん草たっぷりのサラダやオムレツで、活力を生み出しましょう。

06.
屋内での昼寝ではなく
日光を浴びる

たった15分日光を浴びるだけで、疲れを緩和することができます。目が日光を感じると、脳が覚醒と反応の信号を受信するためです。
机で昼寝をする代わりに、太陽の下でリラックスしてみてください。

07.
朝食は全粒穀物を

 

炭水化物を摂取することで、眠気が増してしまうこともありますが、全粒穀物は生産性を向上させてくれます。「Appetite」に掲載された記事によると、全粒穀物とともに質の良い炭水化物を摂取した人は、よりエネルギーに満ち溢れていたことが分かったそう。

08.
電球は青色光がベター

ニューヨーク照明研究センターが行なった調査によると、赤色光は青色光よりもエネルギーを高めてくれますが、コーヒーのように神経過敏になってしまう可能性もあるのだとか。つまり、仕事には青色光の電球のほうがいいのです。赤色光の電球は、デートなどのロマンチックな場面ではとても効果的でしょう。

09.
耳たぶのマッサージも
効果的!?

信じられないかもしれませんが、耳たぶの縁をマッサージすることで体にエネルギーがもたらされるそう。
基本的に体のエネルギーは耳を通って移動するため、10〜30秒間耳たぶのマッサージをすることで、健康な体を作り上げることができるのです。

10.
間食には、水に漬けた
ナッツを食べる

エネルギーを高めるには、生で無塩のナッツを食べることが効果的。でも、さらにナッツの栄養価を上げ、生産性を高めるためにオススメなのは、一晩水に浸けておくこと。一緒に無添加のプロバイオティクスヨーグルトを食べると、免疫力を高める効果もあります。

Licensed material used with permission by Elite Daily

関連記事リンク(外部サイト)

ビジネスのカギを握る、一杯のコーヒーの「メリット8つ」
成功者たちが常に持っている「10のリスト」
私がお酒をやめたことで起きた「7つのこと」朝型人間になって、痩せた!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP